メインメニューを開く

維新立藩(いしんりっぱん)は、慶応3年(1867年)の大政奉還以降に、立藩された藩の総称。維新後立藩とも呼ばれる。

概略編集

  • 大政奉還以降も、版籍奉還を経て廃藩置県まで藩による統治は行われていた。将軍として藩を持たなかった徳川宗家が駿府藩として立藩した他、琉球国を琉球藩とした他に、以下が存在する。
  • 表向御礼衆交代寄合から維新加増や石直により1万石を超えたもの

逸話編集

  • 堀江藩(大沢氏)は石直により1万石を有するとして立藩したが、実高5485石に開墾予定地として新田内高4521石を含めており、明治政府の再調査により虚偽申告が判明、当主大沢基寿は華族から、士族に身分を落とされたほか禁錮1年の刑を受ける。