網屋信介

日本の政治家、実業家

網屋 信介(あみや しんすけ、1957年10月3日 - )は、日本政治家実業家。元アジア開発キャピタル代表取締役社長、元衆議院議員、元メリルリンチ日本証券取締副会長兼投資銀行本部会長、財務大臣政務官野田第3次改造内閣)、政府税制調査会事務局長などを務めた。

網屋 信介
あみや しんすけ
生年月日 (1957-10-03) 1957年10月3日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県鹿屋市
出身校 一橋大学法学部
所属政党 民主党
親族 父・網屋政春(元鹿児島県議会議員

選挙区 比例九州ブロック鹿児島5区
当選回数 1回
在任期間 2009年 - 2012年
テンプレートを表示

来歴 編集

鹿児島県鹿屋市生まれ。鹿児島県立鹿屋高等学校を経て、一橋大学法学部卒業。1981年山一證券に入社[1]。1985年山一インターナショナル(ロンドン)に出向後、1986年にモルガン・スタンレー・インターナショナル・リミテッド(現モルガン・スタンレー証券)に入社後、1992年エス・ジーウォーバーグ証券(現UBS 証券)に転職。

1993年、鹿屋市長選挙に無所属で出馬したが、元鹿屋市助役の浅井隼人に敗れ、落選。1994年メリルリンチ証券(現メリルリンチ日本証券)に入社し、金融法人本部長、投資銀行本部長を経て、取締役副会長・投資銀行部門会長に就任。2006年5月からニッシン(現NISグループ)特別顧問を務め、代表取締役社長や取締役副会長・執行役員を歴任。米国ファンドTPGからの出資決定後、退職。

2009年第45回衆議院議員総選挙民主党公認で鹿児島5区から出馬。鹿児島5区では自由民主党前職の森山裕に敗れたが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、初当選。財務金融委員会、農水委員会、災害特別委員会委員及び憲法審査会委員を務める。

2010年9月、民主党政権の目玉であった、特別会計見直しの「仕分け人」として、財務省経産省関連の特別会計見直しプロジェクトに参加。

2012年4月、衆議院財務金融委員会の理事に就任。

2012年6月、首相野田佳彦が推進する、消費税増税を含む社会保障・税一体改革関連法案の採決で造反し、民主党鹿児島県連代表を辞任した川内博史に代わり、県連代表に就任。

同年10月2日野田第3次改造内閣財務大臣政務官及び政府税制調査会事務局長に就任。

同年12月16日第46回衆議院議員総選挙では神奈川18区に国替えして出馬したが、3位で落選。

2013年、株式会社エス・エー・コンサルティング設立、同社代表取締役に就任。了徳寺大学客員教授兼講師。

2016年アジア開発キャピタル株式会社代表取締役社長に就任。

2021年1月 同社辞任。その後、アジア開発キャピタル株式会社から、在任中に循環取引に伴う善管注意義務違反があったとして民事訴訟を提訴され、現在係争中。

2021年8月 アイ・ティー・エスジャパン株式会社代表取締役社長に就任。

人物 編集

所属していた団体・議員連盟 編集

脚注 編集

外部リンク 編集

公職
先代
三谷光男
若泉征三
  財務大臣政務官
柚木道義と共同

2012年
次代
伊東良孝
竹内譲
ビジネス
先代
チャー・チェンロン
アジア開発キャピタル社長
2016年 - 2020年
次代
アンセム・ウォン