総持寺 (茨木市)

大阪府茨木市にある寺院

総持寺(そうじじ)は、大阪府茨木市にある高野山真言宗寺院。山号は補陀洛山 (ふだらくさん)。本尊は千手観音菩薩(千手観音)。西国三十三所第22番札所。

総持寺
総持寺本堂
本堂
所在地 大阪府茨木市総持寺1丁目6番1号
位置 北緯34度49分44.77秒
東経135度34分53.65秒
座標: 北緯34度49分44.77秒 東経135度34分53.65秒
山号 補陀洛山
宗派 高野山真言宗
本尊 千手観音
創建年 元慶3年(879年)頃
開基 藤原山蔭
札所等 西国三十三所第22番
摂津国八十八箇所第47番
摂津国三十三箇所第27番
ぼけ封じ近畿十楽観音霊場第6番
神仏霊場巡拝の道第63番
法人番号 3120905000071 ウィキデータを編集
総持寺 (茨木市)の位置(大阪府内)
総持寺 (茨木市)
テンプレートを表示
山門
山門の金剛力士像
薬師堂

本尊真言:おん ばざら たらま きりく そわか

ご詠歌:おしなべて老いも若きも総持寺の 佛の誓い頼まぬはなし

歴史編集

当寺の草創説話は、助けた亀の恩返しと観音の霊験に関するもので、寺所蔵の縁起絵巻のほか、『今昔物語集』などにもみえる。それによると、開基藤原山蔭の父・藤原高房は、漁師たちが大亀を捕らえているのを見、「今日18日は観音様の縁日だから」と言って、亀を買い取って逃がしてやった。その日の夜、高房の子・山蔭は、継母の計略で船から川に落とされてしまった。父の高房はこれを悲しみ、観音に祈ったところ、高房が助けた亀が、山蔭を甲羅に乗せて現れたという。高房の没後、山蔭が報恩のため観音像を造立し祀ったのが当寺の起源だという。

寺伝では元慶3年(879年)頃、藤原山蔭が創建し、山蔭の三回忌の寛平2年(890年)に伽藍が完成したとする。

本尊編集

当寺の秘仏本尊の木造千手観音立像は像高75.4 cm[1]、寺伝に基づき、亀の背に乗っている。脇侍として善女竜王像と雨宝童子像を配する。

伽藍編集

文化財編集

茨木市指定文化財

  • (絵画)紙本著色 総持寺縁起絵巻 平成11年5月1日指定
  • (絵画)紙本著色 総持寺縁起絵巻 平成30年12月21日指定
  • (書籍)観音縁起 平成11年5月1日指定
  • (歴史資料)総持寺瓦窯跡 平成22年6月1日指定

行事編集

  • 4月18日 - 山蔭流包丁式
  • 4月15日から21日 - 本尊御開扉、西国御砂踏

御詠歌編集

もともと「おしなべて 高き賤しき 総持寺の 仏の誓ひ 頼まぬはなし」だったが、近年の人権意識の高まりにより「おしなべて 老いも若きも 総持寺の 仏の誓ひ 頼まぬはなし」に変更されている。

前後の札所編集

西国三十三所
21 穴太寺 - 22 總持寺 - 23 勝尾寺
摂津国八十八箇所
46 蓮花寺 - 47 總持寺 - 48 地蔵院
摂津国三十三箇所
26 廣智寺 - 27 總持寺 - 28 圓照寺
ぼけ封じ近畿十楽観音霊場
5 玉桂寺 - 6 總持寺 - 7 太融寺
神仏霊場巡拝の道
62 水無瀬神宮 - 63 總持寺 - 64 神峯山寺

拝観情報編集

  • 開門 - 6時
  • 閉門 - 17時
  • 納経受付時間 - 8時 - 17時

所在地編集

〒567-0801 大阪府茨木市総持寺1丁目6番1号

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 像高は『西国三十三所結縁御開帳公式ガイドブック』(講談社、2008)p.91による。

関連項目編集

外部リンク編集