罪火

罪火』(ざいか)は、大門剛明による日本の推理小説。2009年に角川書店より刊行された。2014年に「水曜ミステリー9」(テレビ東京)で名取裕子主演でテレビドラマ化された。

犯罪の被害者と加害者が一堂に会し、別の解決の糸口を探る修復的司法の活動に携わる女性が、自らの娘を殺されたことで、自身の活動に懐疑的になりながらも、「償う」とは何かを追求していく社会派推理作品。形式としては倒叙ものにあたる。

目次

テレビドラマ編集

2014年12月10日、テレビ東京系列「水曜ミステリー9」で放送された。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 原作 - 大門剛明 『罪火』(角川文庫)
  • 監督 - 黒沢直輔
  • 脚本 - 吉田康弘
  • 撮影 - 金澤賢昌
  • 録音 - 中前哲夫
  • 照明 - 赤津淳一
  • 映像 - 高井祐二
  • 編集 - 磯貝篤
  • 助監督 - 木川学
  • スクリプター - 久保田民子
  • 選曲 - 合田麻衣子
  • 警察監修 - 尾崎祐司
  • 取材協力 - NPO法人 被害者加害者対話の会運営センター
  • ロケ協力 - 富士の国やまなしフィルムコミッション、甲州市観光課、笛吹市観光課、山梨市観光課、日野市、日野映像支援隊、青梅ロケーションサービス ほか
  • 技術協力 - フォーチュンブル
  • 装飾 - 京映アーツ
  • CG - 長部恭平(日本映像クリエイティブ
  • 音響効果 - 橋本正明(効果屋
  • ポスプロ - アムレック
  • チーフプロデューサー - 橋本かおり(テレビ東京)
  • プロデューサー - 渡辺一仁(テレビ東京)、椿宜和、山形亮介
  • 製作 - テレビ東京、BSジャパン、角川映画

外部リンク編集