罪火』(ざいか)は、大門剛明による日本の推理小説。2009年に角川書店より刊行された。2014年に「水曜ミステリー9」(テレビ東京)で名取裕子主演でテレビドラマ化された。

犯罪の被害者と加害者が一堂に会し、別の解決の糸口を探る修復的司法の活動に携わる女性が、自らの娘を殺されたことで、自身の活動に懐疑的になりながらも、「償う」とは何かを追求していく社会派推理作品。形式としては倒叙ものにあたる。

テレビドラマ編集

2014年12月10日、テレビ東京系列「水曜ミステリー9」で放送された。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集