メインメニューを開く

美和神社(みわじんじゃ)は、群馬県桐生市宮本町にある神社である。延喜式上野国十二社の一つ。

美和神社
美和神社拝殿
所在地 群馬県桐生市宮本町二丁目1番1号
位置 北緯36度25分4.25秒
東経139度20分23.12秒
主祭神 大物主櫛甕玉命
素盞嗚命
社格 式内社(小)、郷社
創建 崇神天皇
テンプレートを表示
美和神社の鳥居と石段。右手に桐生西宮神社も見える。

目次

概要編集

大物主櫛甕玉命を祀る。吾妻山の東南麓にあり、山手通りに面している。毎年11月19日から20日にかけて行われる桐生ゑびす講では、神楽殿にて神楽太鼓が奉納される。拝殿の西隣には桐生八木節まつり(桐生祇園祭)の神輿蔵がある。

歴史編集

崇神天皇の代に大和国三輪山から勧請したと伝わる。 『日本後紀』に、延暦15年(796年)に賀茂神社とともに官社に列したと記されている。明治41年(1908年)に本町三丁目の八坂神社(もとは牛頭天王を祀る衆生院)を合祀した。[1]

境内社編集

  • 八意思兼神社
  • 機神神社
  • 松尾神社
  • 金毘羅神社
  • 西宮神社

参考文献編集

関連項目編集

脚注編集