メインメニューを開く

美幌川(びほろがわ)は、北海道網走郡美幌町内を流れ網走川に流入する一級河川。網走川水系の支流である。 [1][2]

美幌川
水系 一級水系 網走川
種別 一級河川
延長 29.80 km
平均の流量 13.96 m³/s
(美幌観測所 2000年)
水源 美幌峠
水源の標高 493 m
河口・合流先 網走川
流域 北海道網走郡美幌町
テンプレートを表示

目次

流路編集

北海道美幌町の美幌峠北斜面に源を発し北に流れる。以下の支流を集め美幌バイパス美幌大橋上流で網走川に流入する。

  • 支流
滝の沢川・石切川・蛍雪沢川・松月沢川・鶯沢川・登栄川・弥生川・福富川・駒生川・駒の沢川・魚無川
  • 人口池・湖

石切川中流には、古梅ダムがあり、美幌川下流には北海道で唯一のため池百選農林水産省選定)である美幌温水溜池がある。

翠明の滝編集

翠明の滝
所在地 北海道網走郡美幌町古梅
落差 8m
水系 網走川水系美幌川
  プロジェクト 山
テンプレートを表示

滝は、美幌川上流の国道243号に接続する「シービホロ林道」を約5km進んだ場所にある。 本流の形状が悪いためにバイパスとして造られた人工的な滝であるが、現在も残る本流は山を登るように流れる不思議な川。

毎年5月末に美幌観光物産協会主催で「翠明の滝 探索ウォーキング」が開催されている。 [3]

名称の由来編集

アイヌ語の「ペ・ポロ」(水多く、大いなる所)に由来する。

流域の自治体編集

北海道網走郡美幌町

主な道路・橋梁編集

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 河川整備基本方針>網走川水系
  2. ^ 平成22年度公共事業再評価調書(美幌川)
  3. ^ 美幌観光物産協会