美濃国諸旧記』(美濃國諸舊記、みののくにしょきゅうき)は、美濃国における国司守護名家豪族の由来、戦争城郭名、寺社など、美濃国の歴史地理を扱った史書軍記。作者は不詳、編纂時期も不明だが、卷之四加納城の條に寛永16年(1639年)の記事があるため、寛永末期または正保の成立とみられる[1]

平安時代土岐氏や、明智氏を含む土岐庶流、美濃斎藤氏の多くの事跡が詳細に記述されており、多くの逸話の出典となっている。なお、斎藤道三の国盗りについては一代説で記述されている。ただし、前述の通り著者が不明の軍記物であり、一次史料と一致しない記載が多く見つかっている。

脚注編集

  1. ^ 『美濃国諸旧記・濃陽諸士伝記』解題、1-2頁

参考文献編集