メインメニューを開く

群馬県道69号大間々世良田線

日本の群馬県の道路

群馬県道69号大間々世良田線(ぐんまけんどう69ごう おおまませらだせん)は群馬県みどり市大間々町大間々から太田市世良田町を結ぶ約22kmの県道である。旧称・大間々尾島線

主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
群馬県道69号標識
群馬県道69号 大間々世良田線
主要地方道 大間々尾島線
制定年 1966年 群馬県認定
起点 みどり市大間々町大間々【地図
終点 太田市世良田町【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0122.svg 国道122号
Japanese National Route Sign 0050.svg 国道50号
Japanese National Route Sign 0354.svg 国道354号
Japanese National Route Sign 0017.svg 国道17号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

路線データ編集

歴史編集

  • 1959年昭和34年)9月18日:群馬県より現・道路法に基づき、前身にあたる県道世良田大間々線新田郡尾島町大字世良田 - 同郡薮塚本町 - 山田郡大間々町、整理番号54)として路線認定される[2]
    • 同日、前々身路線にあたる県道尾島大間々前(新田郡尾島町 - 山田郡大間々町、整理番号93)が路線廃止される[3]
  • 1966年(昭和41年)2月8日:群馬県より、大間々尾島線山田郡大間々町 - 新田郡新田町 - 尾島町、整理番号36)として県道路線認定される[4]
    • 同日、前身にあたる世良田大間々線(新田郡尾島町大字世良田 - 新田郡薮塚本町 - 山田郡大間々町大字大間々、整理番号8)を廃止[5]
  • 1972年(昭和47年)3月31日:大間々尾島線の終点を大字尾島(尾島交差点)から大字世良田(世良田交差点)に変更し、路線延長を22.6 kmから18.7 kmに短縮[1]
  • 1993年平成5年)5月11日建設省から、県道大間々尾島線が大間々尾島線として主要地方道に指定される[6]

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 昭和41年群馬県告示第63号に基づく表記。2005年の(旧)太田市・尾島町藪塚本町との合併により、現在は太田市。

出典編集

  1. ^ a b c 昭和47年群馬県告示第166号 道路の区域変更(群馬県報第4910号、1972年3月31日、p. 16、群馬県立図書館所蔵)
  2. ^ 昭和34年群馬県告示第324号 県道路線認定に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 1–15、群馬県立図書館所蔵)
  3. ^ 昭和34年群馬県告示第325号 県道路線廃止に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 15–24、群馬県立図書館所蔵)
  4. ^ 昭和41年群馬県告示第63号 県道の路線認定(群馬県報第4280号、1966年2月8日、p. 4、群馬県立図書館所蔵)
  5. ^ 昭和41年群馬県告示第66号 県道の路線廃止(群馬県報第4280号、1966年2月8日、pp. 6–7、群馬県立図書館所蔵)
  6. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集