メインメニューを開く

群馬県防災航空隊(ぐんまぼうさいこうくうたい)は、群馬県の組織であり、消防防災ヘリコプター1機を保有・運用し、防災・救助活動等を任務としている。

群馬県防災航空隊
都道府県 群馬県
所属 総務部消防保安課
規模 -
保有機数 0機
基地 群馬ヘリポート
出動状況 - 回( - )
運航委託 東邦航空
ウェブサイト [1]
テンプレートを表示

概要編集

  • 管轄面積 =
  • 構成人員 = 県内消防本部救助隊員9名・東邦航空職員6名(操縦士-人・整備士-人・安全管理-人)
  • 運行時間 = --時--分~--時--分(緊急運行など必要と認められた場合は日の出から日没まで)
  • 運行形態 = 東邦航空(株)に委託
  • 運行基地 = 群馬ヘリポート

機体(2010年7月現在)編集

  • はるな(ベル412EP・機体番号JA200G、2018年8月に墜落。)
    • JA200Gの点検中はベル412SPやSA365N1をリースし、はるな2の名前で運用。

沿革編集

  • 1996年4月:群馬県総務部消防防災課に防災航空係を設置。
  • 1997年1月1日:防災航空隊設立、5月20日に運航開始。
  • 2004年10月:新潟県中越地震緊急消防援助隊として出場。
  • 2008年6月:岩手・宮城内陸地震に緊急消防援助隊として出場。
  • 2011年3月:東日本大震災緊急消防援助隊として出場。
  • 2014年2月:平成26年豪雪災害に出場。
  • 2015年9月:平成27年台風第18号に伴う平成27年9月関東・東北豪雨に緊急消防援助隊として常総市へ出場。
  • 2018年8月10日:午前10時頃、翌11日に全線開通する登山道「ぐんま県境稜線トレイル」の確認飛行をおこなっていた東邦航空が運用するベル412EPが途中で行方不明となり、午後2時頃、横手山付近で墜落した機体が発見された。翌11日にヘリに搭乗していた防災航空隊員4名と吾妻広域消防本部の5名の合計9人全員の死亡が確認された[1]
  • 2019年4月1日:群馬県総務部消防防災課に群馬県防災航空センターを設置。防災航空係から格上げ。
  • 2019年4月:防災ヘリの整備体制を1年間朝日航洋に委託[2]
  • 2019年6月10日:群馬ヘリポートで群馬県防災航空センターの開所式が行われた[3]
  • 2020年度中:AW139を導入予定[4]

広域連携編集

  • 航空消防相互応援協定
    • 福島県、茨城県、栃木県、埼玉県、群馬県
  • 消防防災ヘリコプターの運航不能期間等における相互応援協定
    • 新潟県、山梨県、長野県、群馬県
  • 緊急消防援助隊

脚注編集

外部リンク編集