メインメニューを開く

ベル 412

ヘリ・オーストリアのベル 412

ヘリ・オーストリアのベル 412

ベル 412英語: Bell model 412)はベル・ヘリコプター・テキストロン社が開発した汎用ヘリコプターベル・エアクラフト社のベル 212の発展型である[1]

民間では消防の消防防災ヘリコプターや警察の監視ヘリコプター、軍では軽貨物輸送、捜索救難、練習機など幅広い用途に使用されている。

経緯編集

ベル 205UH-1D/H)を双発エンジンにしたモデルであるベル 2121968年に初飛行している。このベル 212の改良計画は1978年から本格開始された[1]。初飛行は1979年8月3日FAAの型式取得は1981年1月である。

型式取得した当月に納入が開始されている。その後、燃料搭載量と離陸重量を高めるなどの改良を加えたベル 412SP (Special Performance) が開発された。1991年には、変速機を改善した412HP (High Performance) も開発された。その後、デュアル・デジタル自動飛行制御システムを備えた412EP (Enhanced Performance) が生産され、その軍用派生型としてCH-146グリフォンが開発され1992年に初飛行した。

2013年3月にはFADECを装備したPT6T-9エンジンに換装し、完全統合型グラスコックピットとするなどの改良を加えた最新型412EPIが公開された[2]

設計編集

 
ロータヘッド

主に改良された箇所はローターであり、複合材製の4枚ブレードを採用する。このブレードはノーメックスでできたハニカムコアをガラス繊維で包んで互いに結合しており、内部には凍結防止用のヒーターマットを組み込んでいる。ローター・ヘッドはと軽合金製でエラストメリック・ベアリングダンパーが装備されている。エラストメリック・ベアリングにより機械的なヒンジと重い粘性ダンパー両方の排除を実現し、これにより巡航速度は約40km/h速くなり、機内の振動や騒音が減少した。また、エラストメリック・ベアリングは潤滑を必要としないため、確認が目視検査でよくなった。そのほか、フレックスビームヨークで、迅速な制御応答性を提供しながらも、ローターの寿命を延ばすことを可能としたほか、システムを保護し、問題をパイロットに警告するのに役立つ主変速チップ検出器が搭載された[3]

胴体部については燃料タンクの容量が約50%増加し、コックピット内の操縦装置が一部変更されている以外はベル 212とほぼ同等である[4]ため、ユーザーが追加した搭載機材の多くがそのまま使えることから、ベル 212の更新用としての採用も多い。

派生型編集

 
イギリス空軍のベル412(グリフィン HAR.2)
ベル 412
初期量産型。「H-48輸送ヘリコプター」としてチリ空軍が採用。PT6T-3Bエンジン搭載。
ベル 412SP
エンジンをPT6T-3BFに換装・強化。燃料タンク容量を55%増加[3]
ベル 412HP
エンジンをPT6T-3BG、-3Dに換装・強化[1]。ベル412SPからのアップグレードキットも提供されている[5]
N412AH
1986年6月に発表された攻撃ヘリコプター型。
最大速度は220kph。ルーカスエアロスペース製50口径(12.7mm)の機銃タレットとAH-1Sと同様のスペリー(ハネウェル)ヘルメットマウントサイトスタブウィングを装備。
タレットには、875発の銃弾を装備でき重量は188kg、30分以内に取り外しが可能。可動範囲はアジマス方向に110度、エレベーション方向に+15、-45度である。FNハースタルの7.62mmガンポッド、70mmロケット弾、M240E1ドアガン、M621 20mmガンポッドを装備できる。
デモンストレーター(C/N 33119)が作られたが量産されず[3][6]
ベル 412EP
デュアル・デジタル自動飛行制御システム、PT6T-3Dエンジン搭載[1]。後にBLRエアロスペース社が開発したファストフィン・システムを装備させている。これはテールブームに取り付けられる2枚のストレーキと後縁を切り欠いたヴァーティカルフィンで構成され、このシステムを装着することにより、従来より小さなパワーで飛行することが可能になり、ペイロードを1,250ポンド(約570kg)増やすことができるとしている。ベルは新造の412EPすべてに、このシステムを標準装備する[7]
ベル 412 センチネル
ヘリ・ダインシステムズによって開発された哨戒ヘリコプター型。
エクアドル海軍向けに開発されたが、注文がキャンセルされ作られた機体はデモンストレーターとなった。
ハネウェル製のRDR-1500Bレーダー、MDヘリコプターズ製スターバーストサーチライトレーダー警報受信機L-3 コミュニケーションズ製WESCAMセンサタレットおよびAN/AQS-18Aディッピングソナーレイセオン製のMk46魚雷ペンギン Mk 2 Mod 7対艦ミサイルから成るパッケージを装備する[3][6]
ベル 412CF(CH-146 グリフォン、en
ベル 412EPをベースにしたカナダ軍向けの汎用輸送ヘリコプター[1]
ベル 412SA
サウジアラビア空軍向け[3]
ベル グリフィン HT Mk1
ベル 412EPを元にした高等訓練ヘリコプターで、1997年からイギリス空軍で運用されている。
ベル グリフィン HAR Mk2
412EPを元に開発された捜索・救難ヘリコプター。2003年からイギリス空軍で運用されている。
アグスタ・ベル AB 412EP
民間向けの汎用輸送型で、ライセンスを取得したイタリアアグスタ社が製造[6]
アグスタ・ベル AB 412 グリフォーネ
アグスタ社が製造する軍向けの汎用輸送型機。
アグスタ・ベル AB 412 CRESO
機首下に地上監視レーダーを装備した型。
Nベル 412
インドネシアン・エアロスペース社がライセンス生産したベル 412。SP型、HP型、EP型のライセンスを獲得しておりそれぞれが製造されている[8]
Gandiwa
計画中のNベル412をベースとした攻撃ヘリコプター型。
AH-1 コブラと同様に胴体を細くして機首にセンサーとM230機関砲を装備、武装搭載用のスタブウイングも増設する[9]
ベル 412プラス
1999年に計画されたタイプで新しい動的コンポーネントとPT6CエンジンでMTOWを5.647kgに増加させ、ロジャー・クラトスのアビオニクスを搭載するもの。
開発は2001年初頭に終了した[3][6]
ベル 412EPI
ベル 412EPをベースにコックピットを10.4インチ液晶多機能ディスプレイ4基とガーミンGTN-750タッチパネル1基からなる完全統合型のベル BasiX Proとした。これにより、重要な飛行情報を一目で把握することができるようになり、より優れた状況認識力と安全性を確保した[10]。エンジンはFADECを採用したPT6T-9を搭載。
SUBARU ベル 412EPX
 
2016年の国際航空宇宙展において展示されたベル412EPI発展型の40%スケールモデル
SUBARUとベルによる共同開発機。
メイン・ローター・ギアボックスの強化、トランスミッションの出力向上、ドライラン能力(メイン・トランスミッション内の潤滑油が抜けた状態でも飛行可能な能力)を向上させ、最大全備重量を12,200ポンド(約5,500kg)まで増加、マスト・トルク出力向上11%(飛行速度60ノット[約111km/h]以下)、機体の耐久性の改善などを実施する。また、SUBARUが開発した金属表面加工技術や民間機の大量生産で培った高効率の生産技術なども投入される予定である[11][12]
製造をSUBARUとベルのそれぞれの拠点で行うのではなく、日本に集約することでコスト低減を図っている[13]


 
初飛行を目前にするUH-X試作機
新多用途ヘリコプター(UH-X)
SUBARU ベル412EPXをプラットフォームとした陸上自衛隊向けの機体。
コックピットを改良し、ヘリコプター映像伝送装置(ヘリテレ)または赤外線監視装置を搭載する[14]
2018年12月25日、初飛行[15][16]


運用国編集

軍用編集

  アルジェリア
  アルゼンチン
  ボツワナ
  カナダ
  日本(予定)
  チリ
 
チリ空軍のベル412
  コロンビア
  ドミニカ共和国
  エルサルバドル
  エリトリア
  ガーナ
  グアテマラ
  ガイアナ
  ホンジュラス
  インドネシア
  イタリア
 
イタリア陸軍のAB412
  ジャマイカ
2機運用[20]
2018年に412EPIを1機注文[21]
  レソト
  メキシコ
  オランダ
  ノルウェー
 
2002年のNATO演習に参加するノルウェー空軍のベル412SP
  パキスタン
  パナマ
  ペルー
  フィリピン
412EPを8機。5機が戦闘用、3機をVIP機として運用する[22]
2018年2月6日に412EPI 16機を発注したが[23]、人権団体から政府治安部隊による人権侵害の疑いが指摘されたため、カナダ政府は軍事目的で使用する場合には販売を見直すとした(ケベック州で生産されているため輸出には政府の許可が必要となる)[24]。この結果、フィリピンは2月14日に契約解除した[25][26]
  ポーランド
 
ポーランド空軍のベル412HP
  サウジアラビア
  スロベニア
  韓国
  スリランカ
  タイ
  トルコ
  アラブ首長国連邦
  イギリス
 
イギリス空軍のベル412EP グリフィン HT1
  ベネズエラ
  ジンバブエ

政府編集

  オーストラリア
  ブラジル
  カナダ
  チェコ
  フィンランド
 
フィンランド国境警備隊のアグスタベルAB-412
  イタリア
  スロベニア
  アメリカ合衆国
 
ロサンゼルス郡消防部門のベル412


日本における採用編集

日本では消防防災航空隊警察航空隊海上保安庁などにも多数採用されている。

 
海上保安庁のベル412EP

2015年(平成27年)7月17日には、陸上自衛隊次期多用途ヘリコプターUH-X)として、ベル412EPIをベースとした共同開発機が選定された[52]

2015年9月2日、防衛省は富士重工業(現・SUBARU)とUH-X開発プロジェクト立ち上げ事業について、試作請負契約を締結した[11]

2021年(令和3年)から20年かけて1機12億円で150機を調達する予定で[53]、試作1号機は2018年に完成、量産初号機の納入は2021年を予定している[54]

2018年1月18日、SUBARUは宇都宮製作所(宇都宮市)の南工場内に、航空機の整備工場を完成させたと発表した。同工場は陸上自衛隊向けの新型多用途ヘリコプター「UH-X」や民間機「412EPI発展型機」用の整備工場となる。SUBARUは新工場の建設により、整備能力を従来比で約3割増の年間130機に引き上げる計画である[55]

2018年7月17日、SUBARUとベル・ヘリコプター・テキストロン社は、ファンボロー国際航空ショーにおいて、陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプター(UH-X)のプラットフォームで、同年7月5日にFAAの型式証明を取得した民間向け最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」型機での事業協力を発表した[12][56]

スバルのゼネラルマネージャーである橋本克彦氏は、スバルは開発中のUH-Xヘリコプターで地上試験を実施しており、初飛行の準備を進めているとフライトグローバルに述べた[57]

これとは別に富士重工業ではベル 412SPを実験母機とし、独自に開発した富士ベアリングレスローター(FBR)を装備させ試験を実施している。このローターはGFRP製のフレックスビームおよびブレードとCFRP製ピッチスリーブなどから成り、高速性能や航続距離の向上、振動や騒音の低減を目指していた。実験機は1996年3月29日に初飛行しそれから4か月にわたって50回以上の試験を実施した[58]。試験の結果、振動については素のベル 412と比較して120knあたりでは側面方向に対しては低く垂直方向に関してはやや高くなりそれほど差は出なかったが、騒音については素のベル 412に対して低空飛行時に1.5dB、アプローチで0.7dB、離陸で0.5dBと下回る結果となった。また水平飛行性能については最大速度が5kn程度増加し、必要馬力も減少するなど好結果を収めた[59]

要目(412EP)編集

出典:International Directory of Civil Aircraft,[60] Bell 412EP Product Specifications[61]

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 世界航空機年鑑 2007-2008 酣燈社 P338-339 ISBN 978-4873572703
  2. ^ Bell Helicopter Introduces the Bell 412EPI: Boosts Performance and Reliability
  3. ^ a b c d e f Bell Model 412 helicopter - development history, photos, technical data
  4. ^ ベル 412
  5. ^ Bell Helicopter introduces new Bell 412HP upgrade kit
  6. ^ a b c d Twin Hueys / Foreign-Built Hueys / Updates & Modifications
  7. ^ FastFin® System
  8. ^ NBell-412 SP/HP/EP: Tulang Punggung Kavaleri Udara TNI AD
  9. ^ Gandiwa: Konsep Helikopter Tempur “Gado-Gado” AH-64 Apache dan AH-1 Cobra
  10. ^ 先進のコックピットを搭載する Bell 412 は、現在、ミッションに対し最も柔軟に対応可能な中型ヘリコプターです
  11. ^ a b 富士重工業、陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプターUH-Xの開発で契約
  12. ^ a b SUBARUとベル 412ヘリコプター発展型機で協業
  13. ^ Bell, FHI To Raise 412 Maximum Weight For UH-X
  14. ^ Jウイング 2015年10月号 P6-7
  15. ^ SUBARU 陸上自衛隊新多用途ヘリコプター試作機の飛行試験を開始 - 株式会社SUBARUニュースリリース 2018年12月25日
  16. ^ 陸上自衛隊新多用途ヘリコプターの飛行試験について - 防衛装備庁>お知らせ>報道資料 2018/12/25
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag World Air Forces 2015”. Flightglobal Insight (2015年). 2015年1月4日閲覧。
  18. ^ Rossi presentó dos nuevos helicópteros que se incorporarán a la Fuerza Aérea Argentina
  19. ^ Subaru Bell 412EPX gets launch customer
  20. ^ World Air Forces 2017”. Flightglobal Insight (2017年). 2017年4月26日閲覧。
  21. ^ Jamaica Defence Force buying new helicopters, training aircraft | Jane's 360
  22. ^ Bell confirms Philippine Bell 412EP deal”. flightglobal.com. 2014年4月3日閲覧。
  23. ^ Philippines orders 16 Bell 412EPI helicopters under modernization plan
  24. ^ Canada threatens to stop helicopter deliveries if Philippines misuses aircraft
  25. ^ Philippines terminates $234M helicopter contract with Canada
  26. ^ Philippines formally cancels helicopter contract with Canada
  27. ^ Introduction (Coast guard, Korea, South), Coast guard”. janes.com. 2013年2月17日閲覧。
  28. ^ South Korean Coast Guard Bell 412EP”. 2013年2月17日閲覧。
  29. ^ อากาศยานกองบินตำรวจ
  30. ^ Turkey And Georgia Conducted A Naval Exercise”. 2012年12月29日閲覧。
  31. ^ Bolivarian Armada of Venezuela”. ©Copyright 2012 helis.com. 2012年12月28日閲覧。
  32. ^ Australian Aircraft Register searching for Australian Helicopters Pty Ltd”. Civil Aviation Safety Authority Australia. 2015年7月25日閲覧。
  33. ^ Queenslanders Gov.t Fleet”. qld.gov.au. 2013年4月10日閲覧。
  34. ^ Bell 412EPI helicopter for NSW Police Force
  35. ^ PF tem mais dois helicópteros que não levantam voo há quase dois anos”. CorreioBraziliense.com.br. 2013年11月11日閲覧。
  36. ^ Layout 1
  37. ^ ARCHIVED - Bell 412 (ASRA) - Facilities - NRC-CNRC
  38. ^ Czech-Republic Police”. ©Copyright 2012 Helis.com. 2012年12月29日閲覧。
  39. ^ The Border Guard's vessels and aircraft - The Finnish Border Guard
  40. ^ Agusta AB-412 in Carabinieri”. 2013年1月1日閲覧。
  41. ^ AB-412 Guardia di Finanza”. 2013年1月1日閲覧。
  42. ^ Helikopterji in oprema”. policija.si. 2014年11月23日閲覧。
  43. ^ Great Lake Saviors”. Vertical Magazine (2011年11月16日). 2015年7月25日閲覧。
  44. ^ Delaware Marks 40 Years of Service”. © Copyright 2010 by the Airborne Law Enforcement Association. 2012年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月30日閲覧。
  45. ^ LAFD Air Ops”. 2012年12月30日閲覧。
  46. ^ L.A. County Fire”. 2012年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月30日閲覧。
  47. ^ Miami-Dade-Fire-Rescue”. © 2012 Miami-Dade County.gov. 2012年12月30日閲覧。
  48. ^ NYPD Bell 412”. ©Copyright 2012 Helis.com. 2012年12月30日閲覧。
  49. ^ Orange County Fire Authority's New Bell 412 Fire and Rescue Helicopters”. ©Copyright 2012 FDNNTV.com. 2012年12月30日閲覧。
  50. ^ San-Diego-Fire signs for Bell-412”. 2012 Copyright Shephard Press Limited. 2012年12月28日閲覧。
  51. ^ Bald Eagle Rescue is a team effort”. 2015年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月31日閲覧。
  52. ^ UH-X、ベル412EPI発展型に ガリソンCEOに聞く
  53. ^ 防衛省、陸自の次期ヘリ開発に富士重と米ベルを選定
  54. ^ 航空ファン2015年10月号 P.64-64
  55. ^ 自衛隊の新型ヘリコプター、これで整備は万全!?スバルが新工場
  56. ^ Bell, Subaru to Offer Commercial Variant of Japan’s Enhanced 412EPX
  57. ^ Subaru readies for UH-X test flight
  58. ^ ヘリコプター技術協会 会報 1997年6月 第7号
  59. ^ 日本ヘリコプタ技術協会:ヘリコプター事始め50年
  60. ^ Frawley, Gerald. The International Directory of Civil Aircraft, 2003/2004, p. 45. Aerospace Publications, 2003. ISBN 1-875671-58-7.
  61. ^ SPECIFICATIONS. Bell Helicopter, January 2006.

外部リンク編集