メインメニューを開く

義江 彰夫(よしえ あきお、1943年[1]11月7日 - 2018年2月8日[2])は、日本史学者。東京大学名誉教授[1]。専門は中世史。文学博士(東京大学、1980年)(学位論文「鎌倉幕府地頭職成立史の研究」)。東京生まれ。

略歴編集

家族編集

妻は古代史研究者の義江明子

単著編集

  • 鎌倉幕府地頭職成立史の研究 東京大学出版会 1978
  • 日本通史 1 歴史の曙から伝統社会の成熟へ 原始古代中世、山川出版社、1986
  • 神仏習合 岩波新書 1996
  • 歴史学の視座 社会史・比較史・対自然関係史 校倉書房 2002
  • 鎌倉幕府守護成立史の研究 吉川弘文館、2009

編著編集

  • 歴史の文法 東京大学出版会, 1997
  • 歴史の対位法 山内昌之,本村凌二共編 東京大学出版会, 1998
  • 古代中世の史料と文学 吉川弘文館, 2005
  • 古代中世の社会変動と宗教 吉川弘文館, 2006
  • 古代中世の政治と権力 吉川弘文館, 2006
  • 十和田湖が語る古代北奥の謎 入間田宣夫,斉藤利男共編著 校倉書房, 2006

出典編集

  1. ^ a b c 吉川弘文館著者紹介ページ
  2. ^ 日本歴史』844号、2018年9月。本項の情報の多くが載る。