メインメニューを開く

羽前小松駅

日本の山形県東置賜郡川西町にある東日本旅客鉄道の駅

羽前小松駅(うぜんこまつえき)は、山形県東置賜郡川西町大字上小松にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)米坂線である。

羽前小松駅
新駅舎(2014年5月)
新駅舎(2014年5月)
うぜんこまつ
Uzen-Komatsu
中郡 (4.4km)
(2.5km) 犬川
山形県東置賜郡川西町大字上小松1644
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 米坂線
キロ程 16.9km(米沢起点)
電報略号 ウコ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
322人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1926年大正15年)9月28日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示
旧駅舎(2009年10月)
駅構内(2013年11月17日)

目次

歴史編集

羽前小松駅は1982年、国鉄の業務改善による無人化計画を受け、「灯を消すな まちの駅」をスローガンに、川西町などが参画して「羽前小松駅業務管理組合」を設立。以来、駅業務を国鉄・JRから受託する、全国初の「町民駅」として運営されてきた。

しかし、売上の減少に伴いJRからの委託手数料収入が減り、町からの補助も増えて行ったことから管理組合方式での維持が難しくなり、2010年から地元住民らが設立した組織によって運営されている。

  • 1926年大正15年)9月28日:米坂線米沢 - 今泉間開通と共に開業。
  • 1982年昭和57年)3月20日:町民組織による簡易委託駅となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道の駅となる。
  • 2010年平成22年)4月1日:受託者が「羽前小松駅業務管理組合」から「えき・まちネットこまつ」に変更。同時に東口にあった簡易型自動券売機を撤去。
  • 2012年平成24年)8月5日:第1・3日曜が出札業務の休業日となる。
  • 2013年平成25年)12月1日:出札業務の休業日が第2・4日曜に変更(第1・3日曜は営業)。
  • 2014年(平成26年)3月22日:駅舎建て替え完了[1][2]

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。両ホームは跨線橋で連絡している。出入口は駅舎側と、2番線にある東口の2箇所である。

米沢駅管理の簡易委託駅。出札窓口(営業時間 平日7:45 - 19:00、土休8:45 - 16:30。第2・4日曜休業)があり、POS端末の設備を持つ。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 米坂線 下り 今泉小国方面
2 上り 米沢方面

利用状況編集

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は322人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 400 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 345 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 339 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 317 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 320 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 310 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 286 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 286 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 278 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 289 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 278 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 303 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 302 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 345 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 322 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 338 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 336 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 322 [利用客数 1]

駅周辺編集

バス路線編集

  • 山交バス
    • 川西診療所前 - 小松駅前 - 中郡 - 六郷農協前 - 三友堂病院前 - 市立病院前 - 米沢駅前(土休日運休)

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
米坂線
快速「べにばな」・普通
中郡駅 - 羽前小松駅 - 犬川駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集