羽生操

日本の作家・翻訳家

羽生操(はぶ みさお、男性、1891年5月20日-1976年8月21日[1])は、日本の作家・翻訳家。

鹿児島県種子島出身。鹿児島第一中学校卒後、代用教員を務め、第七高等学校造士館に入るが病気で中退。1918年上京し、雑誌記者、高校教授などを務める。1928-39年西欧、東南アジアなど世界を回り、40年より創作・翻訳に従事[2]

著書編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『太平洋のかけはし』著者紹介