メインメニューを開く

耶律李胡(やりつ りこ、911年 - 960年)は、皇族。漢名は洪古奚隠

生涯編集

耶律阿保機の三男として生まれた。生母は述律皇后で、3人の同母兄弟のうち最も偏愛された。次兄の太宗の親征に際しては、京師の留守を務めた。930年、代北の地に派遣されて、寰州を攻め、多くの捕虜を得て凱旋すると、皇太弟に立てられて太宗の後継者と定められ、天下兵馬大元帥を兼ねた。

946年耶律兀欲(世宗)が群臣たちにより、南京(現在の北京市)において皇帝に擁立されると、生母の述律太后は上京(現在の内モンゴル自治区巴林左旗)において李胡を擁立してこれに対抗した。

潢河を隔てて両者は対決することになるが、これに際して耶律屋質が宗室内での対立の不毛さを述律太后に説き、結局述律太后と李胡は世宗に降伏した。李胡は生まれ故郷に追われ、中央への出入りを禁じられた。960年、子の耶律喜隠と孫の耶律留礼寿の謀反に連座して処刑された。

統和年間に欽順皇帝と、さらに1050年興宗により章粛と追諡された。

子女編集

編集

  • 耶律喜隠(字は完徳、宋王)
  • 耶律宛(衛王)

伝記資料編集

  • 遼史』巻72 列伝第2 宗室