聞きなし聞き做し、ききなし)とは、動物、主にの鳴き声を人間の言葉に当てはめて聞くことである。ウグイスの鳴き声を「法華経」と聞くように、意味のある言葉を当てはめることを指すことが多い。これによって動物の鳴き声が覚えやすくなる。

概要編集

「聞きなし」という用語を初めて用いたのは、鳥類研究家の川口孫治郎の著書『飛騨の鳥』(1921年)と『続 飛騨の鳥』(1922年)とされている。昔話や民間に伝わる聞きなしを文献として初めて記録したのが同書である。同じ動物でも地域によって異なる聞きなしが伝承されている。

広義には、動物の鳴き声を人間の言語発音に置き換えること全般を指す。人間以外の動物の鳴き声には、人間の言語のような母音や子音はない。しかし、人間が動物の鳴き声を表現する際には、自分が使っている言語の発音に置き換えて表現する。その表現は言語によってある程度習慣的に定まっている。例えば、イヌの鳴き声を、日本語では「ワンワン」、英語では「バウワウ」(Bow wow)、と表現する。つまり、言語が異なればその聞きなしも異なったものとなる。

また、動物の鳴き声の聞き取り方は歴史的にも変化する。平安時代の『大鏡』では、イヌの鳴き声は「びよ」と表現されていた[1]

動物の鳴き声はその動物自体を指す幼児語としても用いられる。例えば幼児語では「イヌ」を「ワンワン」と表現する。

編集

名前になった例編集

ツクツクホウシは、その鳴き声からそのまま名づけられた。なお、「ほうし」を「法師」(字音仮名遣いは「ほふし」)とするのは後世の付会であり、平安時代から仮名遣いは「つくつくほうし」であった[2]。「つくつくぼうし」は「つくつく」と「ほうし」の複合語と誤解した結果、連濁が生じたものである。

サンコウチョウはそのさえずりが「、ほいほいほい」と聞こえることから、3つの光の鳥(三光鳥)とされたのがその名のいわれである。

ややこしいのはブッポウソウで、コノハズクの鳴き声が仏法僧、つまり仏教における三宝に聞こえることから注目され、その正体がこの鳥だと誤解されたためにこの名を持っている。

由来に関する伝承編集

意味のある聞きなしから、その動物がなぜそう鳴くようになったかという由来が語られる例もある。

たとえばヒバリのさえずりを「リートル・リートル・ヒーチブ・ヒーチブ(利取る・日一分)」と聞いて、太陽から借金を取り立てようとしているのだ、とか、ツバメの鳴き声を「ハーシーブイシーブイ(歯渋い)」と聞いて、巣作りのために藁と泥をくわえたのでそう鳴いている、と解釈した例などがある。

脚注編集

  1. ^ 山口仲美(2002)『犬は「びよ」と鳴いていた―日本語は擬音語・擬態語が面白い』光文社 ISBN 978-4334031565
  2. ^ 『高遠集』(1011-13頃)の詞書には「やのつまにつくつくほうしのなくをききて」とある。『成尋母集』には既に「ほうし」を「法師」ととらえて「道心おこしたる、くつくつ法師となくも」という表現がある(『日本国語大辞典 第二版』「つくつく-ぼうし」の項)。

関連項目編集

外部リンク編集