メインメニューを開く

脇田 滋(わきた しげる、1948年5月20日 - )は、日本法学者龍谷大学教授。労働法が専門[1]

大阪市出身。1971年京都大学法学部卒、1976年同大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学。1998年「労働法の規制緩和と公正雇用保障」で龍谷大学博士法学)。京都府立大学助教授を経て、龍谷大学法学部教授。

目次

著書編集

  • 『労働法の規制緩和と公正雇用保障 労働者派遣法運用の総括と課題』法律文化社 1995
  • 『これだけは知っておこう派遣社員の悩みQ&A』学習の友社 実践・職場と権利シリーズ 1999
  • 『派遣・契約社員働き方のルール これだけは知っておきたい労働法』旬報社 2002
  • 『労働法を考える この国で人間を取り戻すために』新日本出版社 2007

共編著編集

  • 派遣労働の法律と実務』西谷敏共編 労働旬報社 1987
  • 『新現代労働法入門』横井芳弘,角田邦重共編 法律文化社 現代法双書 2000
  • 『規制緩和と労働者・労働法制』萬井隆令,伍賀一道共編 旬報社 2001
  • 『新現代労働法入門 第3版』角田邦重,毛塚勝利共編 法律文化社 現代法双書 2005
  • 『若者の雇用・社会保障 主体形成と制度・政策の課題』井上英夫,木下秀雄共編 日本評論社 龍谷大学社会科学研究所叢書 2008
  • 『「非正規」をなくす方法 雇用、賃金、公契約』中村和雄共著 新日本出版社 2011
  • 『ワークルール・エグゼンプション 守られない働き方』編著 学習の友社 2011
  • 『労働者派遣と法』和田肇,矢野昌浩共編著 日本評論社 2013
  • 『アクチュアル労働法』毛塚勝利,米津孝司共編 法律文化社 2014
  • 『常態化する失業と労働・社会保障 危機下における法規制の課題』矢野昌浩,木下秀雄共編 日本評論社 龍谷大学社会科学研究所叢書 2014
  • 『日本の雇用が危ない 安倍政権「労働規制緩和」批判』西谷敏,五十嵐仁,和田肇,田端博邦,野田進,萬井隆令,深谷信夫共著 旬報社 2014

論文編集

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』

外部リンク編集