良知組

静岡県吉田町に本部を置く暴力団

良知二代目政竜会(らちにだいめせいりゅうかい[1])は、日本暴力団[2]指定暴力団山口組系の有力団体であった後藤組に源流を有する暴力団組織で、六代目山口組の二次団体[3]

良知組
設立 1981年
設立者 良知政志
首領 竹嶋利王
上部団体 Yamabishi.svg 山口組
後藤組(1919年 - 2008年)

来歴編集

後藤組の構成員であった吉田町出身の良知政志が同組内に「良知総業」という枝組織を設立。これが1981年のことで、のちに“良知組”と改称[3]。やがて2008年に至って、上部組織にあたる後藤組が山口組から除籍処分を受けると、同様に後藤組の傘下組織であった藤友会とともに同組の地盤を引き継ぎ、同年に山口組の直系組織(二次団体)へ昇格した[4]

情勢編集

稲川会系の「大場一家」、「東一家」、「森田一家」、極東会系の「松山連合会」および「眞龍会」、住吉会系の「橋達興業」、そして同じく山口組傘下の「国領屋一家」、「一力一家」、「清水一家」、「藤友会」、「弘道会」、「小西一家」と並んで、静岡県内での活動が見られる代表的な暴力団組織の一つである(2010年)[5]。同じく山口組傘下の「弘道会」、「山健組」、「國粹会」、および「落合金町連合」とともに、東京・警視庁による暴力団総合対策の最重点対象団体となっている。〔2012年度『警視庁重点目標』訓令より〕[6]

事件編集

代議士刺傷事件編集

幹部構成員が埼玉県秩父市で代議士の糸山英太郎をナイフで切り付けるという事件があった(1986年6月17日)[7]。ジャーナリスト・山平重樹の伝によれば、事の発端は1985年12月暮れ、新高輪プリンスホテルに開かれた糸山主催の選挙資金集めパーティー「新日本フォーラム」とそれに先立つパーティー券(1枚あたり3万円)の販売に絡んだものであった。赤字経営からの立て直しの時期に1000万円分の購入を“押し付けられ”た関西のある一部上場大手建設会社が、困り果てた末にツテを辿って野村秋介に相談。それを受け、知り合いの会社社長を介してその300枚のパーティー券を引き取った野村は、このパーティー自体を“潰す”ことを企図し、獄中時代の人脈を頼りに稲川会住吉連合会山口組などの暴力団員らにそれらを配布。そしてそのうちの100枚が最終的に後藤組関係者に流れることとなった。これを知るに至り、暴力団員らが大挙して押し掛ける事態を予想した糸山は、警察を動かしたうえでこれの阻止を目論むも上手くはゆかず、結果、野村と親交のあった後藤組組長・後藤忠政と接触。糸山・野村・後藤の3者で帝国ホテルに落ち合い示談を行う運びとなった。[8] そして後藤組傘下・良知組(当時“良知総業”)組長の良知政志もこれに同行していた[9]。後藤の言によれば、このときの糸山の態度が極めて尊大かつ傲慢なもので、ことあるごとに後ろ盾としての笹川良一の名をちらつかせ、それがかねてより笹川を嫌悪していた後藤と野村の怒りを増幅させる結果となった[10]。さらに山平重樹の伝によれば、件のパーティー終了後、ある週刊誌の取材を受けた糸山は、翌1986年3月発売の同週刊誌上において、この一連のパーティー券販売に関し、再び尊大な態度で“大見得”を切ったあげく「暴力団関係者から嫌がらせを受けた」旨の発言を行い、それが野村や後藤組関係者の怒りを買い、この事件の引き金となる。そして6月17日、埼玉三区からの衆院選出馬に伴い秩父市役所付近の市民会館で総決起大会を開いた糸山を、その終幕直後の人込みのなか、ナイフを持った男が襲撃。その場で現行犯逮捕された実行犯は、良知総業で舎弟頭の役にあった人物であった。[9] 後藤忠政いわく、「オヤジ(良知)や組に赤い顔させた(恥をかかせた)」ことが(この襲撃犯の)犯行の動機であったのだという[11]

港区男性刺殺事件編集

2006年に東京都港区の路上でビル管理会社顧問の男性が後藤組系の暴力団員によって刺殺される事件があり、のちにこの事件の指示役と目された良知組傘下組織の組長が逮捕された[1]。これは当時の上部団体であった後藤組の意向を受けてのものであったと見られている[12]。この殺害の実行犯はタイの北部で射殺体で発見された。これに関しては、件の傘下組長の知人が存命時の実行犯とタイ国内で接触していた痕跡が確認されたことから、捜査当局は件の傘下組長の画策による口封じのための殺害であった可能性を指摘している[1]

創立者:良知政志編集

1949年[3]。10代で有力テキヤ組織に加入したものの、20歳になる前に脱退、地元の吉田町で愚連隊として活動するようになった[13]。その時期、三代目山口組系伊堂組組長伊堂敏雄の舎弟であった後藤忠政と縁を持ち、1978年に同人からを受けた[3]。1981年に「良知総業」を設立、これを後藤組の吉田支部とするなどで頭角を現し、やがて後藤組が山口組の直系(二次団体)となったのち1987年に後藤組の若頭に就任、2008年に山口組の直参となった[3]。2011年暮れに山口組の“執行部への登竜門”と位置づけられる「幹部」の役に就任[14]。翌2012年には「組織委員長代理」に就任するも、同年のうちに「幹部」を退任するに至っている[13]。 2019年3月15日死去。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 実行役の口封じ画策か 旧後藤組系組長知人、タイで接触』 2011年10月22日 産経新聞
  2. ^ 山口組系2次団体を家宅捜索 会社顧問殺害容疑共同通信 2010年12月17日 47NEWS
  3. ^ a b c d e 『六代目山口組完全データBOOK 2008年版』 : “2008年昇格 新直参 精鋭12人>良知組 良知政志組長(静岡県)” (p.160-161) メディアックス 2009年 ISBN 978-4-86201-358-3
  4. ^ 『六代目山口組完全データBOOK 2008年版』 : “後藤組長除籍の余波と直参大量処分の真相とは?>後藤忠政 後藤組組長(静岡)” (p.137-138) 2009年 メディアックス ISBN 978-4-86201-358-3
  5. ^ 暴力追放だより:県内暴力団の地域別分布状況』 2010年1月27日 藤枝市暴力追放推進協議会
  6. ^ 平成24年警視庁重点目標:総合的な組織犯罪対策の推進【暴力団総合対策の推進】(p.4) (PDF) 2011年12月26日 警視庁
  7. ^ 『山口組ドキュメント 五代目山口組』 : “山口組抗争史年表>1986” (p.263) 溝口敦 1990年 三一書房 ISBN 4-380-90223-4
  8. ^ 『憚りながら』 : “糸山英太郎襲撃事件” (p.142-145) 後藤忠政 2011年5月26日 宝島社文庫 ISBN 978-4-7966-8134-6後藤忠政の自叙伝にあたる同書は後藤自身の発言を収録した語り形式となっているが、この部分はそうではなく、山平重樹著『人間ドキュメント 野村秋介』(二十一世紀書院)の引用となっている。
  9. ^ a b 『憚りながら』 : “糸山英太郎襲撃事件” (p.148-149) 後藤忠政 2011年5月26日 宝島社文庫 ISBN 978-4-7966-8134-6後藤忠政の自叙伝にあたる同書は後藤自身の発言を収録した語り形式となっているが、この部分はそうではなく、山平重樹著『人間ドキュメント 野村秋介』(二十一世紀書院)の引用となっている。
  10. ^ 『憚りながら』 : “糸山英太郎襲撃事件” (p.146) 後藤忠政 2011年5月26日 宝島社文庫 ISBN 978-4-7966-8134-6
  11. ^ 『憚りながら』 : “糸山英太郎襲撃事件” (p.149) 後藤忠政 2011年5月26日 宝島社文庫 ISBN 978-4-7966-8134-6
  12. ^ 刺殺事件:1年前から見張り 組長、配下の元組員に指示』 2011年10月21日 毎日新聞
  13. ^ a b 実話時代 2015年3月号』 : “総力特集 六代目山口組 巨大組織を支える 全直参七十四名 プロフィール一覧 > 良知組組長 良知政志” (p.34) 2015年3月1日 メディアボーイ
  14. ^ 『実話時報 2011年12月号』 : “六代目山口組「新人事」検証 果敢なる人事刷新>良知政志・良知組(静岡)組長” (p.51-52) 2011年11月14日 竹書房