メインメニューを開く

宝塚ジャパネスク[1]花は花なり』(はな は はな なり)は宝塚歌劇団舞台作品。16場[1]

花組公演[1]。併演作品は『ハイペリオン[1]』。

概要編集

日本物の舞踊ショーと芝居で構成された作品。

東京公演の配役は紫吹淳の組替え、葉山三千子の宝塚退団などに伴い、一部変更がある[2]

公演期間と公演場所編集

スタッフ編集

氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両公演共通。

特別出演(宝塚公演)編集

主な配役編集

宝塚公演
  • 若衆S、子三郎、花若、桜の若衆S - 真矢みき[3]
  • 娘S、戌代、かすみ、桜の娘S - 純名里沙[3]
  • 王、子之介、桜の精 - 春日野八千代[3]
  • 鶴、二十日、桜の娘S - 松本悠里[3]
  • 若衆A、辰五郎、鼠の大将、花の精、桜の歌手、桜の若衆A - 愛華みれ[3]
  • 若衆A、年之介、鼠A、風丸、桜の若衆A - 紫吹淳[3]
  • 若衆A、未十郎、鼠A、雲丸、桜の若衆A - 匠ひびき[3]
  • 亥太郎、桜の若衆A - 夏城令[3]
東京公演の変更点
  • 若衆A、亥太郎、桜の若衆A - 初風緑[2]
  • 未十郎、鼠A - 夏城令[2]
  • 年之介 - 匠ひびき[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 90年史 2004, p. 52、55.
  2. ^ a b c d e f g h i 90年史 2004, p. 55.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak 90年史 2004, p. 52.

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6