日本 > 北海道 > 札幌市 > 東区 > 苗穂町

苗穂町(なえぼちょう)は、北海道札幌市東区の地名。

苗穂町
苗穂町の位置(札幌市内)
苗穂町
苗穂町
苗穂町の位置
北緯43度04分21秒 東経141度23分7.2秒 / 北緯43.07250度 東経141.385333度 / 43.07250; 141.385333
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
市町村 Flag of Sapporo, Hokkaido.svg 札幌市
行政区 東区
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
065-0043
市外局番 011[1]
ナンバープレート 札幌

行政上の地名としての「苗穂町」はおおむね三角形に近い形状をしており、函館本線豊平川が南辺、苗穂丘珠通と苗穂通が北西辺、北13条北郷通が北東辺をなす。

広義の「苗穂」はより広範囲を指し、苗穂町に隣接して東苗穂地区があるほか、西側の条丁目地区内にも苗穂駅札幌市立苗穂小学校などの地名を冠した施設が見受けられる。

歴史編集

語源はアイヌ語で「小さな川」を意味する「ナイ・ポ」であり[2]、かつてはその名が示すとおりメム(湧水)や小河川が無数にある低湿地帯であった[3]

1870年(明治3年)、山形県酒田新潟県柏崎から188戸が入植し、その年の干支が庚午(かのえうま)であったところから部落名を「庚午一の村」とした[3]。翌1871年(明治4年)、岩村通俊判官の命により「苗穂村」と改名した[3]

小村だった苗穂は、1889年(明治22年)ごろに東橋が豊平川に架けられたことを契機に急激に発展[4]1910年(明治43年)には苗穂工場付近が札幌区に編入され、1934年(昭和9年)4月1日には雪印メグミルク付近が札幌市に編入された[4]

施設編集

脚注編集

  1. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 1. 2016年5月4日閲覧。
  2. ^ 『札幌地名考』pp.60 - 61
  3. ^ a b c 『札幌地名考』p.60
  4. ^ a b 『札幌地名考』p.61

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集