東区 (札幌市)

札幌市10行政区のひとつ

東区(ひがしく)は、札幌市行政区人口は札幌市10区の中で北区に次ぐ2番目に多い区になっている

ひがしく
東区
モエレ沼公園 海の噴水
モエレ沼公園 海の噴水
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 石狩振興局
札幌市
団体コード 01103-7
面積 56.97km2
総人口 261,803
住民基本台帳人口、2018年3月31日)
人口密度 4,595人/km2
隣接自治体
隣接行政区
中央区北区白石区
江別市石狩郡当別町
東区役所
所在地 065-8612
北海道札幌市東区北11条東7丁目1-1
北緯43度4分33.9秒東経141度21分49.1秒
東区役所(2005年3月)
外部リンク 札幌市東区
北海道内における札幌市東区の位置

東区 (札幌市)位置図

 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

区域は東西9.3 km、南北11.0 kmある[1]中央区とは函館本線北区とは創成川と旧篠路村境界、白石区江別市及び当別町とは豊平川石狩川を挟んで接している[1]。地形は平坦で山がなく、モエレ沼公園にある人工の山「モエレ山」が唯一の山となっている[2]。地質は鉄東地区の一部を除いて埴土や泥炭で形成している[1]

歴史編集

江戸時代は、伏籠川(上流付近(現在の苗穂町付近)に松前藩知行地であり「石狩十三場所」の1つであった「ナイホウ場所」が開かれており、蝦夷との交易が行われていた。現在の東区は、1866年慶応2年)に江戸幕府の命を受けた大友亀太郎が農夫を伴って伏籠川の河畔(現在の北13条東16丁目付近)において開拓に着手したのが始まりである[3]。大友は模範農場として幕府直営農場となる「御手作場」を設置し、用水路道路を作って農民の入植を促した[3]。「大友堀」と呼ばれたは上流が創成川の原型になっており、大友は「札幌村開拓の祖」と言われている[3]明治になり本州各地から移民団が入植すると村落が誕生し、原生林が繁茂して「ヤチ」と呼ばれた湿地帯が広がっていた土地の開拓には大変な労苦を強いられたが、やがて農業が村の主要産業となった[3]リンゴブドウなどの果樹栽培を経て、「札幌黄」などのタマネギ生産が主力となっていった[3]

年表編集

「東区歴史年表」参照[4]

官公署編集

国の機関

道の機関

  • 北海道立札幌高等技術専門学院[9]

独立行政法人・特殊法人等

公共施設編集

  • 札幌市東区民センター(東区役所に併設)
  • 札幌市東保健センター・札幌市東健康づくりセンター
  • 札幌市東区土木センター
  • 札幌市ふしこ地区センター
  • 札幌市栄地区センター
  • 札幌市苗穂・本町地区センター
  • 札幌市東老人福祉センター
  • 札幌市東区保育・子育て支援センター「ちあふる・ひがし」
  • 札幌市アカシア若者活動センター Youth+アカシア
  • 札幌市社会復帰センター
  • 札幌市社会自立センター
  • あいワーク東(東区役所内)
  • みかほ整肢園
  • 札幌市水道局東庁舎
  • 札幌市伏古水再生プラザ
  • 札幌市処理場管理事務所
  • 札幌市東清掃事務所
  • 札幌市中沼プラスチック選別センター
  • 札幌市中沼雑がみ選別センター

文化施設編集

多目的施設・スポーツ施設編集

公的機関編集

警察編集

  • 東警察署
    • 北十二条交番、北十三条交番、元町交番、栄東交番、北二十六条交番、栄西交番、札苗交番、丘珠交番、東苗穂交番、苗穂交番

消防編集

病院編集

「医療機関名簿(東区)」参照[10]

  • 愛心メモリアル病院
  • 勤医協中央病院
  • クラーク病院
  • 啓生会病院
  • 札苗病院
  • 札幌麻生脳神経外科病院
  • 札幌佐藤病院
  • さっぽろ神経内科病院
  • 札幌禎心会病院
  • 札幌東豊病院
  • 札幌東和病院
  • 札幌道都病院
  • 札幌東徳洲会病院
  • さっぽろ病院
  • 耳鼻咽喉科麻生病院
  • 誠心眼科病院
  • 天使病院
  • 東栄病院
  • 東苗穂病院
  • 北新東病院
  • 北海道消化器科病院
  • 北海道泌尿器科記念病院
  • 北光記念病院

ガス編集

コミュニティ放送局編集

教育機関編集

大学・短期大学編集

私立

専修学校編集

「学生納付特例対象学校一覧」参照[11]

  • 勤医協札幌看護専門学校
  • 札幌工科専門学校
  • 札幌福祉医薬専門学校
  • 札幌ベルエポック製菓調理専門学校
  • 専門学校北海道自動車整備大学校
  • 専門学校北海道保健看護大学校
  • 北海道スポーツ専門学校
  • 宮島学園北海道調理師専門学校
  • 吉田学園情報ビジネス専門学校
  • 吉田学園動物看護専門学校

高等学校編集

道立

私立

中高一貫校編集

市立

私立

中学校編集

市立

小学校編集

市立

認定こども園編集

  • 幼保連携型認定こども園せいめいのもり[12]
  • 認定こども園札幌愛珠[12]
  • 幼保連携型認定こども園さつなえのもり[12]
  • 幼保連携型認定こども園おかだまのもり[12]

幼稚園編集

市立

  • 札幌市立ひがしなえぼ幼稚園

私立

  • 札幌大谷大学附属幼稚園[12]
  • ふしこ幼稚園[12]
  • 北栄幼稚園[12]
  • 栄光幼稚園[12]
  • 天使幼稚園[12]
  • 聖ミカエル幼稚園[12]
  • あゆみ幼稚園[12]
  • 札幌あかしや幼稚園[12]
  • あゆみ第二幼稚園[12]
  • 札幌幼稚園[12]

認可保育所編集

市立

  • 札幌市東区保育・子育て支援センター[13]
  • 札幌市みかほ保育園[13]

私立

  • さっぽろ夢保育園[13]
  • 札苗保育園[13]
  • 元町にこにこ保育園[13]
  • 開成いちい保育園[13]
  • しらゆき夢保育園[13]
  • 麻生むつみ保育園[13]
  • 札苗北保育園[13]
  • ちゃいれっく北8条東保育園[13]
  • 苗穂保育園[13]
  • 札幌厚成福祉会保育所[13]
  • 札幌第2福ちゃん保育園[13]
  • 北栄保育園[13]
  • 札幌厚成福祉会第二保育所[13]
  • 元町杉の子保育園[13]
  • 東苗穂保育園[13]
  • 明園保育園[13]
  • 日の丸保育園[13]
  • はらっぱ保育園[13]
  • 丘珠ひばり保育園[13]
  • こころの里親保育園[13]
  • 元町保育園[13]
  • 北栄みどり保育園[13]
  • 丘珠マスカット保育園[13]
  • モエレはとポッポ保育園[13]
  • 元町みどり保育園[13]
  • 栄保育園[13]
  • 札幌フラワー保育園[13]
  • 伏古かしわ保育園[13]
  • 光星はとポッポ保育園[13]
  • 北栄マスカット保育園[13]
  • 栄町マスカット保育園[13]
  • 栄町あおぞら保育園[13]
  • 勤医協ぽぷら保育園[13]
  • 本町保育園[13]
  • 愛和新穂保育園[13]
  • 中沼保育園[13]
  • かりき保育園[13]
  • 開成みどり保育園[13]

学校教育以外の施設編集

  • 北海道立札幌高等技術専門学院[9]
  • 北海道中央自動車学校

経済・産業編集

産業団地編集

  • 東苗穂工業団地(札幌機械センター協同組合)
  • 丘珠鉄工団地(札幌丘珠鉄工団地協同組合)
  • 丘珠地区工業団地
  • 札幌市リサイクル団地

組合編集

  • サツラク農業協同組合本所・札幌診療所、市乳事業部
  • 札幌市農業協同組合(JAさっぽろ)北札幌支店、丘珠支店・北札幌経済センター、玉葱選果センター
  • ホクレン農業協同組合連合会札幌食肉流通センター、農業総合研究所
  • 赤帽北海道軽自動車運送協同組合本部・札幌支部
  • 海外交流事業協同組合
  • 協同組合札幌卸センター
  • 札幌クリーニング協同組合
  • 札幌豆腐蒟蒻商工業協同組合
  • 北海道医労連
  • 北海道圧接業協同組合
  • 北海道歯科用品商協同組合
  • 北海道自動車共済協同組合
  • 北海道自動車処理協同組合
  • 北海道テント・シート工業組合
  • 北海道二輪車商業協同組合
  • 北海道有機農業協同組合

商業施設編集

ショッピングセンター

スーパーマーケット・ミニスーパー・ディスカウントストア

金融機関編集

銀行

  • 北洋銀行光星支店、北十五条支店、元町支店、栄町支店、東苗穂支店、伏古支店、札苗支店
  • 北海道銀行美香保支店、東苗穂支店、札苗支店、北栄支店、元町支店、栄町支店、北十五条支店
  • 北陸銀行苗穂支店・元町出張所

協同組織金融機関

日本郵政

郵便編集

宅配便編集

  • ヤマト運輸札幌主管支店
    • 札幌光星センター
    • 札幌苗穂センター・札幌環状通東センター
    • 札幌伏古センター・札幌元町センター
    • 雁来センター
    • 札幌丘珠センター・札幌栄町センター
  • 佐川急便札幌東営業所
  • 日本通運札幌支店札幌自動車事業所(所在地は白石区)

交通編集

 
札幌丘珠空港(2012年6月)

空港編集

鉄道編集

区内を函館本線が通過している。駅はないが、北海道旅客鉄道苗穂工場苗穂運転所が立地している。

バス編集

かつては札幌市交通局がバス路線(札幌市営バス)を運行していたが、段階的に民間事業者に路線を移譲し、2004年(平成16年)に廃止となった。

バスターミナル

路線バス

タクシー編集

  • 昭和交通
  • 興亜第一交通(第一交通産業グループ)
  • さくら交通
  • ライラック交通
  • 北陵交通
  • 札幌日交タクシー
  • 札幌エムケイ
  • 金星自動車
  • 協和交通
  • 明星自動車
  • 札幌第一交通(第一交通産業グループ)
  • 平岸ハイヤー
  • 朝日交通
  • MID交通
  • ダイコク交通
  • はまなす交通
  • 東交通
  • 太洋ハイヤー

道路編集

文化財編集

「札幌市内の文化財」参照[14]

市指定文化財

観光・レジャー編集

祭事・催事編集

  • さっぽろ雪まつり(2月)
  • コミュニティマーケットin東区 (COME)(2月)
  • GOLDENマーケット(春・秋の年2回開催)
  • YOSAKOIソーラン祭り(6月)
  • HOKKAIDOママチャリ耐久リレー大会(6月)
  • 札幌30K(7月)
  • 美香保夏まつり(7月)
  • ひのまるちびっ子夏まつり(7月)
  • 妙見尊大祭(8月)
  • レインボーサマーフェスティバル(8月)
  • 燃えれ! わが街(8月)
  • 鉄東地区市民大運動会(8月)
  • Sapporo小・中学生サイクルロードレース(8月)
  • モエレ沼芸術花火(9月)
  • 札幌市民体育大会サイクルロードレース(9月)
  • たまねぎフェスタ(9月)
  • ひがしく健康・スポーツまつり(10月)

出身人物編集

50音順

脚注編集

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 小樽方面出入口の所在地は北区となる。

出典

  1. ^ a b c 東区ってこんなまち”. 札幌市東区. 2018年2月21日閲覧。
  2. ^ 三角点通の由来の三角点が引っ越し?”. 札幌市東区. 2018年2月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e 東区の成り立ち”. 札幌市東区. 2018年2月20日閲覧。
  4. ^ 東区歴史年表”. 札幌市東区. 2018年2月19日閲覧。
  5. ^ お砂糖豆知識[1999年2月]”. 農畜産業振興機構. 2018年2月20日閲覧。
  6. ^ 札幌麦酒工場跡”. 日本の近代遺産50選. 日本経済新聞社. 2018年2月20日閲覧。
  7. ^ a b シンボルマーク”. 札幌市東区. 2018年2月19日閲覧。
  8. ^ 札幌苗穂地区の工場・記念館群”. 北海道遺産協議会. 2018年2月20日閲覧。
  9. ^ a b 札幌高等技術専門学院”. 北海道. 2018年2月21日閲覧。
  10. ^ 医療機関名簿(東区)”. 札幌市. 2018年2月20日閲覧。
  11. ^ 学生納付特例対象学校一覧”. 札幌市. 2018年2月20日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n 東区の幼稚園を選ぶ”. 札幌市私立幼稚園連合会. 2018年2月20日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an 認可保育所(東区)”. 札幌市. 2018年2月20日閲覧。
  14. ^ 札幌市内の文化財(場所から探す)”. 札幌市. 2018年2月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集