メインメニューを開く

若港三郎(わかみなと さぶろう、1909年12月13日 - 1982年6月30日[1])は、山梨県南都留郡鳴沢村出身で富士ヶ根部屋所属の1940年代に活躍した元大相撲力士。本名は、渡辺孝一郎(わたなべ こういちろう)。身長190cm、体重123kg。現役中から年寄も二枚鑑札で襲名し、後進の指導にあたっていた。最高位は東前頭3枚目。

目次

来歴編集

1931年3月場所、富士ヶ根部屋から初土俵をふんだ。冨士ヶ嶽を名乗り、年長の入門であったこともあり、着実に昇進、1935年1月場所に十両に昇進した。そのときは負け越し、幕下に下がったが、1937年5月、再十両を果たすと、その場所10勝3敗の好成績をあげ、翌1938年1月、新入幕を果たした。すでに28歳になっていた。

左四つからの吊りは強烈だったが、あまり積極的な相撲ではなかったので、入幕後は中堅力士で終始し、最高位も東前頭3枚目にとどまり、殊勲の星といえば1941年1月に新大関五ッ島に勝ったぐらいであった。1942年1月から、師匠の死で部屋を二枚鑑札で相続し、四股名も若港と改名した。師匠としては、有望な弟弟子の東冨士を、最終的には横綱にまで昇進させた[2]

1945年11月、十両に陥落したところで全休し、現役を引退して年寄富士ヶ根専業となる。部屋も、1947年6月場所まで経営した後、高砂部屋に弟子をゆずった。その後一時期、再び部屋をもったが、すぐに閉鎖、時津風部屋所属の年寄として、停年まで相撲協会に在籍した[3]

主な成績編集

  • 幕内在位 16場所
  • 幕内成績 95勝121敗[4]

場所別成績編集

若港三郎
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1931年
(昭和6年)
x (前相撲) 東序ノ口16枚目
5–1 
東序ノ口16枚目
5–1 
1932年
(昭和7年)
西三段目34枚目
6–2 
西三段目34枚目
4–6 
西三段目10枚目
6–3 
西三段目10枚目
7–4 
1933年
(昭和8年)
西幕下12枚目
6–5 
x 東幕下9枚目
5–6 
x
1934年
(昭和9年)
東幕下11枚目
6–5 
x 東幕下5枚目
7–4 
x
1935年
(昭和10年)
西十両10枚目
4–7 
x 東幕下6枚目
5–6 
x
1936年
(昭和11年)
東幕下12枚目
5–6 
x 西幕下17枚目
6–5 
x
1937年
(昭和12年)
西幕下10枚目
8–2 
x 西十両9枚目
10–3 
x
1938年
(昭和13年)
東前頭17枚目
8–5 
x 東前頭11枚目
6–7 
x
1939年
(昭和14年)
東前頭14枚目
8–5 
x 東前頭9枚目
6–9 
x
1940年
(昭和15年)
東前頭10枚目
8–7 
x 東前頭3枚目
4–11 
x
1941年
(昭和16年)
西前頭8枚目
6–9 
x 西前頭8枚目
4–11 
x
1942年
(昭和17年)
東前頭13枚目
11–4 
x 東前頭3枚目
2–13 
x
1943年
(昭和18年)
西前頭14枚目
5–10 
x 東前頭18枚目
7–8 
x
1944年
(昭和19年)
西前頭16枚目
10–5 
x 東前頭8枚目
5–5 
西前頭8枚目
3–7 
1945年
(昭和20年)
x x 東前頭16枚目
2–5 
東十両筆頭
引退
0–0–10
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名編集

冨士ヶ嶽孝一郎→若港三郎→若湊三郎

出典編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19380104.htm
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p38
  3. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p36-39
  4. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709