メインメニューを開く
茨城交通 > 茨城交通茨大前営業所
外観

茨城交通茨大前営業所[1](いばらきこうつういばだいまええいぎょうしょ)は、茨城県水戸市にある茨城交通の営業所である。同社の本社に隣接している[2]

一般路線編集

現行路線[3]編集

  • 1 水戸駅 - 大工町 - 自由ヶ丘 - 新原 - 石川町 - 赤塚駅 - 河和田団地車庫
  • 1 水戸駅 - 大工町 - 自由ヶ丘 - 新原 - 石川町 - 赤塚駅
    • 鯉渕営業所との共管。終点の河和田団地は車庫となっているが、回転場があるのみで車両配置はない。
    • 2019年4月1日に23 常磐大学・赤塚駅南口線が河和田団地へ延伸開業したことにより、平日朝1本と土休日1往復以外全て赤塚駅発着となった。
  • 2 渡里ゴルフセンター - 台渡里 - 茨大前 - 栄町 - 大工町 - 水戸駅
    • 浜田大宮両営業所と共管。水戸駅発着便の一部を担当している。
  • 3 水戸駅 - 大工町 - 大内田 - 桜川西団地 - 桜川車庫
    • 浜田・鯉渕両営業所と共管。水戸駅発着便の一部を担当している。
  • 4 水戸駅 - 大工町 - 栄町 - 袴塚二丁目 - 前田 - 国田局前 - 戸村十文字 - 下江戸
    • 大宮営業所と共管。下江戸到着後は、石塚車庫に回送される。土休日運休。
  • 5 水戸駅 - 大工町 - 東原二丁目 - 常磐小学校前 - 曙町 - 茨大前営業所
    • 鯉渕営業所と共管。土休日運休。概ね毎時一本での運行である。
  • 7 水戸駅 - 大工町 - 栄町 - 水戸女子高前 - 水高スクエア - 自由ヶ丘 - 新原 - 石川町 - 赤塚駅
  • 7 水戸駅 - 大工町 - 栄町 - 水戸女子高前 - 水高スクエア
  • 27 茨大前営業所 - 水戸女子高前 - 水高スクエア - 自由ヶ丘 - 新原 - 石川町 - 赤塚駅
    • 7系統の赤塚駅発着は日祝日運休である。
    • 27系統は平日のみの運行である。
  • 8 茨大前営業所 - 栄町 - 水戸駅 - 払沢 - 笠原 - 本郷 - 水戸駅 - 栄町 - 茨大前営業所
    • 関鉄エリアである払沢方面への循環路線であり、関鉄と共同運行。狭隘区間があるため中型車が使用される。
  • 10 水戸駅 - 大工町 - 青少年会館 - 偕楽園・常磐神社前 - 神崎寺前 - 水戸駅
    • 偕楽園経由一方向循環路線であり浜田営業所と共管。偕楽園の『水戸の梅まつり』開催期間中は臨時便も運行される。
  • 11 茨大正門前 - 茨大前営業所 - 新原 - 自由ヶ丘 - 大工町 - 水戸駅
  • 11 茨大前営業所 - 新原 - 自由ヶ丘 - 大工町 - 水戸駅
    • 鯉渕営業所との共管。茨大前の基幹路線であり平日土休日、朝夕昼間問わず10分間隔で運行されている。
  • 12 茨大前営業所 - 栄町 - 大工町 - 水戸駅
  • 12 茨大前営業所 - 茨大正門前 - 栄町 - 大工町 - 水戸駅
  • 12E 特急 水戸駅 - 栄町一丁目 - 茨大正門前 - 茨大前営業所
    • 鯉渕・大宮・浜田・那珂湊各営業所と共管。高頻度運行路線である。特急便は水戸駅発のみ、栄町一丁目まで無停車である。
  • 19 茨大前営業所 - 茨大正門前 - 附属中前 - 曙町 - 新原三差路 - 石川町 - 赤塚駅
    • 鯉渕営業所と共管。水戸 - 赤塚路線の入出庫にも使用されている。
  • 20 茨大前営業所 - 堀原小学校前 - 石川町 - 赤塚駅
    • 土休日運休。
  • 22 水戸駅 - 栄町 - 茨大前 - 渡里農協前 - 開江(ひらくえ) - 済生会病院 - 双葉台団地(二丁目)
    • 土休日運休。本数はきわめて少なく3本のみである。後述の赤塚経由とは経由が大きく異なる。
  • 23 水戸駅 - 大工町 - 自由ヶ丘 - 常磐大学前 - 御殿山団地 - 赤塚駅南口 - 河和田団地車庫
  • 23 水戸駅 - 大工町 - 自由ヶ丘 - 常磐大学前 - 御殿山団地 - 赤塚駅南口
  • 23E 特急 水戸駅 - 自由ヶ丘 - 常磐大学前 - 御殿山団地 - 赤塚駅南口 - 河和田団地車庫
  • 23E 特急 水戸駅 - 自由ヶ丘 - 常磐大学前 - 御殿山団地 - 赤塚駅南口
  • 23E 特急 水戸駅 - 自由ヶ丘 - 常磐大学前
    • 鯉渕・浜田両営業所との共管。平日朝夕には特急便も運行され自由ヶ丘まで無停車である。土休日は本数がやや減る。
    • 2019年4月1日より1 石川町・赤塚駅北口経由に代わり河和田団地車庫まで延伸開業した。
  • 24 水戸駅 - 大工町 - 栄町 - 茨大前 - 五中前 - 石川三丁目 - 赤塚駅
  • 24 茨大前営業所 - 五中前 - 石川三丁目 - 赤塚駅
    • 鯉渕営業所との共管。主に中型車が使用される。全体的に本数は少ない。
  • 26 水戸駅 - 青柳町 - 後台駅入口 - 那珂高校前 - 茨城女子短大前 - 水農前 - 木の倉 - 茨大前営業所
    • 前述の水戸 - 茨大線よりも大幅に遠回りで沿線の通学客の輸送を目的としている。そのため、学校休校期間や土・日・休日は運休になる便が多い。
  • 31 水戸駅 - 大工町 - 自由ヶ丘 - 新原 - 赤塚駅 - 中丸 - 済生会病院 - 双葉台二丁目 - 双葉台五丁目
  • 31 水戸駅 - 大工町 - 自由ヶ丘 - 新原 - 赤塚駅 - 中丸 - 済生会病院 - 双葉台二丁目
  • 31 水戸駅 - 大工町 - 自由ヶ丘 - 新原 - 赤塚駅 - 中丸 - 済生会病院 - 双葉台五丁目
    • 二丁目行は9時台から14時台までの運行、五丁目行は15時台までの運行である。16時以降は二丁目経由五丁目行で運行する。概ね毎時2本の運行。
  • 37 水戸駅 - 大工町 - 桜山 - 見川 - 清水 - 市民球場 - 桜ノ牧高校 - 水戸医療センター
    • 鯉渕・浜田両営業所と共管。
  • 38 水戸駅 - 大工町 - 桜山 - (この間無停車) - 市立競技場(ケーズデンキスタジアム水戸)
    • 浜田営業所と共管。水戸ホーリーホック主催試合開催日のみ運行される。
    • 2015年シーズンまでは大工町から市立競技場までは無停車であったが、2016年シーズンからは新たに「大工町二丁目」「信願寺」「歴史館偕楽園入口」「桜山」バス停に停車するようになった[4]
  • 45 水戸駅 - 大工町 - 栄町 - 茨大前 - 台渡里 - 飯富局前 - 那珂西 - 石塚車庫 - 阿波山十文字 - 野口車庫
  • 40 水戸駅 - 大工町 - 栄町 - 茨大前 - 台渡里 - 飯富局前 - 石塚車庫 - 常北高校入口
  • 40 水戸駅 - 大工町 - 栄町 - 茨大前 - 台渡里 - 飯富局前 - 石塚車庫
  • 41 水戸駅 - 大工町 - 栄町 - 茨大前 - 台渡里 - 成沢十文字 - 小松 - 石塚車庫
  • 42 赤塚駅北口 - 双葉台二丁目 - 済生会病院 - 開江 - 谷津 - 小松 - 石塚車庫
  • 42 赤塚駅北口 - 双葉台二丁目 - 済生会病院 - 開江 - 谷津 - サテライト水戸 - 小松 - 石塚車庫
  • 42 赤塚駅北口 - 双葉台二丁目 - 済生会病院 - 開江 - 谷津 - 小松 - 石塚車庫 - 桜ノ牧高校常北校(学校休日運休)
    • 40・45系統は浜田営業所と共管。運賃の値下げを実施しているため、水戸駅からの乗車の場合上限は720円となる。
    • 全路線で主に後述の石塚車庫常駐車が使用される(夕方夜間の一部車両は、石塚車庫到着後茨大前営業所へ回送)。平日に限り常北高校入口行も運行される。成沢・小松経由は本数がきわめて少ない。
    • 42系統は後述の廃止された42系統の発着場所を赤塚駅北口へ変更し2016年11月22日から1か月の実証実験の末、2017年4月1日より復活、石塚車庫発、赤塚駅発が各4便ずつでそれぞれを発着する2便がサテライト水戸構内を経由する。平日の朝夕の赤塚駅発の始発便、赤塚駅到着の最終便は桜ノ牧高校常北校発着(土日祝日、学校休日は石塚車庫発着)となる。
  • 50 茨大前営業所 - 栄町 - 大工町 - 水戸駅 - 三高下 - SC浜田前 - 塩ヶ崎 - 磯浜新道 - 大洗海岸 - アクアワールド大洗
    • 那珂湊営業所と共管。大洗止まりの1便のみの担当である。
  • 73 茨大前営業所 - 曙町 - 新原三差路 - 石川町 - 赤塚駅 - 中丸 - 双葉台団地 - イオンモール水戸内原
    • 鯉渕営業所と共管。本数は極めて少なく、土休日2本のみである。
  • 74 水戸駅 - 大工町 - 石川町 - 赤塚駅 - 杉崎十字路 - イオンモール水戸内原
    • 鯉渕営業所と共管。もともとは東武鉄道バス事業本部境営業所笠間出張所の水戸 - 赤塚 - 杉崎 - 笠間線が運行されており、同線の廃止撤退後、内原町役場行となったものが2005年11月11日のイオンモール水戸内原のオープンに会わせ行先が変更された。
  • 81 水戸駅 - 大工町 - 自由ヶ丘 - 西原二丁目 - 東赤塚 - 赤塚駅
    • 鯉渕営業所と共管。主に毎時一本の運行である。
  • 市内循環外回り 水戸駅 - 大工町 - 栄町二丁目 - 大成女子高前 - 水戸二高前 - 水戸駅
  • 市内循環内回り 水戸駅 - 水戸二高前 - 大成女子高前 - 栄町二丁目 - 大工町 - 水戸駅
    • 浜田営業所と共管。中型車が使用される。
  • 水戸駅 - 大工町 - 自由ヶ丘 - 新原 - 赤塚駅 - 大塚東 - 済生会病院 - 双葉台二丁目
    • もともとは東武鉄道バス事業本部境営業所笠間出張所の路線であり、笠間線での往復の合間に運行されていた。同社の撤退後引き継がれ、毎時1本運行される。
  • 赤塚駅南口 - 高天原団地 - 桜川車庫 - 桜ノ牧高校 - 水戸医療センター
    • 鯉渕営業所と共管。土休日運休。
  • 水戸駅 - 南町角 - 公設市場 - 枝川 - 水戸駅 
    • 循環路線で南町角から回っていくのが1本、枝川から回っていくのが2本の計3本の運行で中型車が使用される。日祝日運休。
  • 赤塚駅南口 - 桜ノ牧高校前 - 県庁バスターミナル
    • 鯉渕営業所と共管。土休日運休。   

高速路線編集

  • 茨城 - 仙台線[5]内原駅・赤塚駅・水戸駅・勝田駅日立駅 - 二本松バスストップ仙台駅[6]
    • 2013年7月23日の運行開始以来当営業所が担当してきたが、2016年3月16日の赤塚駅 - 笠間ショッピングセンター間延伸[7]に伴い笠間営業所に移管された。
    • 2017年6月12日に内原駅発着に変更[8]されたのを受け、再び当営業所所管となる。
  • みと号 水戸 - 東京線[9]
    • 赤塚ルート 水戸駅南口・水戸駅北口・赤塚駅 - 東京駅
    • 茨大ルート 水戸駅南口・水戸駅北口・茨大前 - 東京駅
    • 県庁ルート 水戸駅南口・茨城県庁舎前 - 東京駅

浜田営業所JRバス関東関東鉄道との共同運行[9]

廃止路線・区間編集

  • 42 水戸駅 - 大工町 - 栄町 - 茨大前 - 台渡里 - 開江 - 済生会病院入口 - 成沢十文字 - 小松 - 石塚車庫
  • 72 石塚車庫 - 小松 - イオンモール水戸内原
  • 石塚車庫 - 阿波山十文字 - 十王堂
  • 石塚車庫 - 阿波山十文字 - 十王堂 - 錫高野山崎
  • 石塚車庫 - 小勝 - 塩子 - 岩下入口 - 鮎田 - 茂木駅(2007年3月廃止)
  •  水戸駅 - 大工町 - 石川町 - 赤塚駅 - 上中妻小前 - 飯島
    • 東武鉄道バス事業本部境営業所笠間出張所から引継後、廃止
  • 51 茨大前営業所 - 栄町 - 大工町 - 水戸駅 - 竹隈町 - SC浜田前 - 塩ヶ崎 - 磯浜新道 - 大洗高校 - 夏海十文字 - 原子力機構前 - 鉾田駅
  • 大洗駅 - 夏海十文字 - 原子力機構前 - 鉾田駅
    • 2009年9月廃止、2015年10月に大洗発着便は行先を新鉾田駅に変更の上運行再開したが乗客数に伸び悩み2018年9月30日に廃止。
  • 水戸駅 - 千波大橋 - 文化センター(2018年9月30日廃止)

車庫編集

石塚車庫[10]編集

主に水戸駅と城里、野口を結ぶ40・41・42・45系統を担当している。また、水戸駅と国田、下江戸を結ぶ4系統の一部も担当している。中型車のみの配置となっている。

桜川車庫[11]編集

主に、水戸駅と水戸赤十字病院、城東を結ぶ3系統などを担当している。鯉渕営業所と共同で使用。茨大前営業所第2車庫廃止に伴って、茨大前営業所から多数の車両が同車庫在籍となった。

渡里ゴルフセンター車庫[12]編集

主に同営業所所属の観光バス、特定車(特別支援学校スクールバス)が在籍している。また、水戸ホーリホックの選手輸送バスも同車庫に夜間滞泊される。

脚注編集

  1. ^ 茨大前営業所 | 営業所・案内所のご案内 | 会社案内 - 茨城交通”. www.ibako.co.jp. 2019年1月10日閲覧。
  2. ^ 本社のご案内 | 会社案内 - 茨城交通”. www.ibako.co.jp. 2019年1月10日閲覧。
  3. ^ 茨大前営業所 / バスのりば・停留所案内 | 路線バス - 茨城交通”. www.ibako.co.jp. 2019年1月10日閲覧。
  4. ^ [路線バス 水戸ホーリーホック1DAYパス乗車券の乗降可能バス停の拡大ならびに路線バスの旅「スタジアム編」発売開始について](茨城交通ニュースリリース 2016年2月24日)
  5. ^ 仙台線 : 内原・水戸・ひたちなか・東海・日立・北茨城 ─ 二本松・仙台駅 | 高速バスのご案内 - 茨城交通”. www.ibako.co.jp. 2019年1月10日閲覧。
  6. ^ 仙台線”. 茨城交通. 2018年10月20日閲覧。
  7. ^ [高速バス 水戸-仙台線を笠間まで延伸します](茨城交通ニュースリリース 2016年2月24日)
  8. ^ [高速バス 「茨城-仙台線」のバス停を変更いたします](茨城交通ニュースリリース 2017年5月10日)
  9. ^ a b みと号 : 水戸駅 − 赤塚・茨大・県庁 − 東京駅 | 高速バスのご案内 - 茨城交通”. www.ibako.co.jp. 2019年1月10日閲覧。
  10. ^ 石塚車庫 | バスマップ”. busmap.info. 2019年1月10日閲覧。
  11. ^ 桜川車庫 | バスマップ”. busmap.info. 2019年1月10日閲覧。
  12. ^ 渡里ゴルフセンターのバス時刻表とバス停地図|茨城交通|路線バス情報”. mb.jorudan.co.jp. 2019年1月10日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク編集