荒川 宗一(あらかわ そういち、1925年9月1日 - 2010年8月24日)は、静岡県出身のプロ野球選手外野手)。

荒川 宗一
Soichi Arakawa 01.jpg
1956年頃撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県
生年月日 (1925-09-01) 1925年9月1日
没年月日 (2010-08-24) 2010年8月24日(84歳没)
身長
体重
174 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1956年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

掛川中ではエースだったが、全国大会が戦争の影響により中止されたため、甲子園出場はならなかった。

早稲田大学進学後は打者転向し、早稲田大学野球部の黄金時代に主力選手として貢献。東京六大学リーグ通算86試合出場、320打数94安打、打率.294、1本塁打、55打点。卒業後は大昭和製紙都市対抗野球大会に出場し、全日本へ選抜される活躍をみせた。

1956年日本プロ野球高橋ユニオンズに30歳で入団。高橋は戦力不足の弱小チームだったこともあり、プロ1年目ながら4番打者に定着し、149試合に出場した。しかし、翌1957年2月に高橋ユニオンズは解散、荒川は大映ユニオンズへ移籍した[1]が、出場はできなかった。

現役引退後は、帝京大学の総監督を務めたり、早稲田大学野球部OB会長を務めるなど、学生野球の発展及び興隆に長く貢献していた。

2010年8月24日胃癌のために逝去[2]。84歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1956 高橋 149 577 537 44 121 20 4 4 161 37 12 9 7 1 31 0 1 39 8 .225 .269 .300 .569
通算:1年 149 577 537 44 121 20 4 4 161 37 12 9 7 1 31 0 1 39 8 .225 .269 .300 .569

背番号編集

  • 5 (1956年)
  • 35 (1957年)

脚注編集

  1. ^ 「別冊週刊ベースボール早春号 プロ野球 新・トレード史」(平成10年2月28日発行)、ベースボール・マガジン社
  2. ^ 元早大野球部OB会長の荒川氏が死去 スポーツ報知 2010年8月26日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集