メインメニューを開く

荒谷 正雄(あらや まさお、1914年1月31日 - 1996年3月1日)は、日本指揮者ヴァイオリニスト[1]

荒谷 正雄
生誕 (1914-01-31) 1914年1月31日
出身地 日本の旗 日本
死没 (1996-03-01) 1996年3月1日(82歳没)
学歴 帝国音楽学校
ジャンル クラシック
職業 指揮者
ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

人物・来歴編集

1935年帝国音楽学校卒業後、1936年ヨーロッパ留学、ウィーン、ベルリンなどで学び、ヴァイオリンヨゼフ・シゲティらに師事、ベルリン室内楽協会の団員として演奏活動を行い、1945年7月に帰国[2]1948年に札幌音楽院を開設、弦楽器のほか、ピアノ、声楽、作曲、美学、音楽史の講義を組み、1949年札幌音楽院管弦楽団を結成。1950年北海道文化賞受賞。1961年札幌交響楽団設立に参画、1968年まで初代常任指揮者を務めた。1986年北海道開発功労賞受賞。1997年札幌交響楽団から名誉創立指揮者の称号を贈られる。

参考文献編集

  • 前川公美夫『北海道音楽史』大空社、1995年。ISBN 4-7568-0083-1
  • 『札幌交響楽団50年史 1961-2011』公益財団法人 札幌交響楽団編、2011年。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 内外アソシエーツ芸能人物事典 荒谷正雄”. JLogos. 2012年8月26日閲覧。
  2. ^ 「北海道音楽史」(大空社)p374

関連項目編集