荻島正己

荻島 正己(おぎしま まさみ、1952年5月26日 - 2014年6月21日[1])は、東京都新宿区出身のフリーアナウンサー。本名:荻嶋正己。血液型はA型。俳優荻島真一は従兄にあたる。

おぎしま まさみ
荻島 正己
プロフィール
本名 荻嶋 正己(読み同じ)
愛称 マチャミ
出身地 日本の旗 日本東京都新宿区四谷生まれ、同下落合育ち
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1952-05-26) 1952年5月26日
没年月日 (2014-06-21) 2014年6月21日(62歳没)
血液型 A型
最終学歴 上智大学経済学部
所属事務所 メディアプラス(最終所属、2005年 - 2014年)
職歴 静岡放送アナウンサー(1975年4月 - 1982年3月)→東京放送出向(1982年4月 - 1985年3月)
活動期間 1975年 - 2014年
ジャンル 報道情報
配偶者 荻嶋初栄(旧姓:持丸)(元静岡放送アナウンサー→フリーアナウンサー)
家族 妻、長女(1983年1月21日 - )、長男
出演番組・活動
過去 朝のホットライン土曜ニュースプラザ
その他 荻島真一俳優)はいとこ

目次

来歴編集

東京都立広尾高等学校上智大学経済学部卒業後、1975年静岡放送入社。静岡放送の社員有志バンド「ケッタウェイズ」にも所属し、ボーカル・ギターとして活躍する(過去の出演番組「ひとこと言わせて」で流れる歌は高校時代に作り、ケッタウェイズの頃に発表したという)。

朝の情報番組「おはよう700」のコーナーであった「キャラバンII」でのリポートぶりが好評で、それを受けて1982年朝のホットライン司会者に抜擢され、静岡放送在籍のままTBS嘱託という形で出向した。当初は「半年限り」と言われていた番組契約が好調を理由として再三再四延長されたことから生活拠点を東京に移さざるを得なくなり、番組契約が正式に終了した1985年に静岡放送を退社しフリーアナウンサーとなる。夫人の初栄(旧姓・持丸)も元静岡放送アナウンサーで、現在はフリーアナウンサーである。

2006年1月31日、レギュラー番組「ひとこと言わせて!!」(朝日ニュースター)生放送中に食道癌を告白。翌日からは治療に専念するために一週間程度の予定で出演を休止する。番組は代役をたてずスタッフ自らが出演するなどして番組を継続した。2月8日に退院し復帰。その後、4度にわたる入院加療を続けている。6月23日から入院。代役は、以前朝日ニュースターで活躍していた波多野健。同年6月30日に復帰。告白から半年後の7月31日、「ひとこと言わせて」内で「検査の結果、がん細胞が消滅した」と発表。がんから生還する。

2007年4月からは、同局で1ヶ月に一度「団塊ちゃんねる」の司会を担当。「プロ野球ニュース」でも引き続き活動していた。

2013年秋にがんの再発と転移が判明したため、抗がん剤治療を始めたが体力が低下し、2014年6月20日に緩和ケア病棟のある病院に転院した[2]。同年6月21日に食道がんのため死去[3]

出演番組編集

静岡放送(SBS)時代編集

  • 1400電リクナイター(ラジオ)
  • 1400電リクアワー(ラジオ)
  • ぶっちゃけスタジオCutin!(ラジオ)
  • 夜をぶっ飛ばせ!(ラジオ・期首期末時の特番)
  • フリーステーション1.2.0(ラジオ・開始初期の水曜日担当)

TBSへの出向時代編集

フリー転向後編集

脚注編集

関連項目編集

  • 國本良博 - フリーアナウンサー。SBSアナウンサー時代はラジオでの共演が多く、静岡放送社員有志バンドケッタウェイズの共にメンバーでもあった。

外部リンク編集