メインメニューを開く

フリーステーション1.2.0」は、静岡放送(SBSラジオ)で1981年10月から1984年4月[1]まで放送されていた若者向けラジオ番組である。通称「フリステ」。

1986年10月から「みらくるナイト・フリーステーション1.2.0」として再開され、1987年10月10日まで放送されていた。

番組内容やスタッフがほぼ同じであるため、この項で併記する。

概略編集

  • 番組タイトルの由来は、前番組から番組枠が120分に広がったことによる。
  • 番組の放送時間は、上記の通り開始当初は120分枠であったが、野球ナイター編成や22時台のミニ番組などとの兼ね合いから、一旦時間枠が60分に短縮されるも再び時間枠が拡大され、末期は1時間20分となる。
  • 当時TBSラジオで放送されていた「フリーステーション」とは無関係である。
  • 1984年4月6日(國本良博担当)をもって一旦終了[2]
  • しかしこの番組にかかわったアナウンサーやスタッフ、そして番組聴取者からも同種番組の再開機運が高まり[3]、2年後の1986年4月、土曜夜に別番組として「とびっきりナイト サタデー電リク村・び〜ん」(DJをSBSアナウンサー伊藤圭介野田靖博の両名が基本隔週交替で担当)がスタート。
  • 番組テーマ曲は、キャプテン・フィンガー(リー・リトナー)の曲『Touch&Go』[4]
  • その後、番組内容及びタイトルを変更。約2年半のブランクを置いて同年10月から「みらくるナイト・フリーステーション1.2.0」と改題し2時間番組として復活(DJは終了時まで伊藤が担当)。1987年10月10日、静岡放送本社Bスタヂオに常連リスナーなど30人を招いての生放送でレギュラー放送は終了した。なお、最終回当日の日中に、浜北市(現・浜松市浜北区)岩水寺の大型スーパーで、約200人のリスナーが集まった中公開収録が行われ[5]、当番組のスピンオフ企画番組「フリステinスーパークエスト」として1987年10月17日の18時30分から放送された。
  • 本番組終了後、アナウンサーが出演するSBS自社制作番組枠は、帯番組時代のパーソナリティの一人だった國本の『クンちゃんのなんでもナイト』(土曜22:00 - 22:30、1988年4月からは22:00 - 23:00、1988年10月からは21:30 - 23:00[6])、当時入社1年目だった鈴木如巳と木曽美雪の『ニョミとミユキのペパーミントタイム』(土曜20:00 - 21:00)に受け継がれた。
  • 土曜夜の若者向け(自社制作)番組は「みらくるナイト - 」の後番組となる「クンちゃんのなんでもナイト」終了後、一旦途絶えた後に復活した。2013年現在の同枠は、元SBSアナウンサーの鬼頭里枝が出演する『テキトーナイト!!』(土曜21:30 - 23:30)が放送されている。

放送期間・放送時間編集

放送期間編集

  • 1981年10月 - 1984年4月6日(月 - 金・帯番組)
  • 1986年10月 - 1987年10月10日(土曜)

放送時間編集

月 - 金 帯番組時代
  • (初期)20:00 - 22:00
  • (中期)21:00 - 22:00
  • (後期)21:00 - 22:20
土曜日時代
  • 21:00 - 23:00
ナイターシーズンはナイター中継終了後に番組が始まる(「クッション番組」「フィラー番組」としての側面も持つ)ため、放送時間に変動があった。10分足らずで終了した日もあれば、番組がまるごと休止となった日もあった。

主なコーナー編集

  • 必殺遊び人(木曜/土曜、伊藤担当)
    音の遊びをリスナーと一緒にやっていたコーナー。
  • みらくる探偵団(土曜、伊藤担当)
  • 青春駆け込み寺
  • ギャロディー大作戦
  • Jump Up 青春(土曜)(本番組終了後は引き続き単独番組として放送)
  • フリーステーション・メッセージ(土曜)
    文化祭などの学校行事の告知から、好きな人へのメッセージまで、番組を通じて伝えたいことを募集していた。
  • ザ・ベスト3
    ジャンルを問わず募集していたリクエストコーナー。
  • ハッピートーク(水曜、山形担当)
  • オクラ百人一首(金曜、國本担当)
    コーナー名は「小倉百人一首」のパロディ。毎週テーマを決め、それに沿って百人一首を創作して投稿するほか、番組DJやスタッフなどをネタに創作した百人一首を紹介するコーナー。
  • 海賊放送局(平日帯時代の木曜日→金曜日)→らじおぱいれーつ みらくる放送局(土曜夜時代)
    コンセプトは「はがき1枚で誰でも自分の放送局が開けます」。はがきを出せば番組からコールサイン入りの免許証と空のカセットテープが送られ、リスナーはそのテープを使ってCMドラマ、DJ、実況中継など自分の作品を作って番組に送るというもので、その中から面白い作品を紹介していた他、テープを送ったリスナー宅へ電話を繋いで話もしていた[7]
    伊藤は「魔の手から掛川市を守る正義のヒーロー“掛川マスク”」という作品がおすすめだったという[5]
    このコーナーは、当初平日帯時代の木曜日(伊藤担当期間)に放送されていたが、伊藤が一旦降板した後、金曜日(担当:國本)へ移動した。
  • 映画コーナー(金曜、國本担当)→シネマ1番館(土曜、伊藤担当)
    静岡県内の映画館ロードショー情報や、最新映画作品を紹介していたほか、土曜(伊藤担当)では県内で行われたロケの現場リポートも行っていた。

主なパーソナリティ編集

レギュラー編集

フリーステーション1.2.0(1981年10月 - 1982年4月)
フリーステーション1.2.0(1982年4月 - 10月)
フリーステーション1.2.0(1982年10月 - 1984年4月)
  • 月曜 - 松野こうき→野田靖博(SBSアナウンサー)
  • 火曜 - 渡邊千晃(当時SBSアナウンサー)
  • 水曜 - 山形美房(当時SBSアナウンサー)
  • 木曜 - 伊藤圭介→野田靖博、國本良博など(伊藤の途中降板により、当時のSBSアナウンサーが持ち回りで担当した。)
  • 金曜 - 國本良博(当時SBSアナウンサー)
とびっきりナイト サタデー電リク村・び〜ん(1986年4月 - 1986年9月)
  • 伊藤圭介(当時SBSアナウンサー。隔週で担当)
  • 野田靖博(SBSアナウンサー。隔週で担当)
みらくるナイト・フリーステーション1.2.0(1986年10月 - 1987年10月)
  • 伊藤圭介(当時SBSアナウンサー)
  • 野田靖博(SBSアナウンサー。不定期に伊藤と共に出演)

臨時・代理編集

  • 大石岳志(SBSアナウンサー)
    伊藤降板後の木曜代理、土曜の臨時担当。
  • 目黒祐子(当時SBSアナウンサー)
    伊藤降板後の木曜代理。
  • 鳥居睦子(当時SBSアナウンサー)
    伊藤降板後の木曜代理。

関連項目編集

  • 荻島正己 - 当時、SBSアナウンサーながら「朝のホットラインMCとしてTBSに出向していた。前番組「ぶっちゃけスタジオCut in!」のDJを國本良博らと担当するなど関連がある。

脚注編集

  1. ^ 國本良博 『くんちゃんのはなしのはなし』ISBN 978-4844375579 p183
  2. ^ 終了翌週よりナイターシーズン入り。
  3. ^ 1987年10月10日放送「みらくるナイト・フリーステーション1.2.0」最終回において、当時の述懐とエピソード披露において触れられている(三才ブックス 月刊ラジオパラダイス 1987年12月号「ラジパラタイムス・SBS、伊藤圭介の「フリステ」最終回」より)。
  4. ^ 月刊ラジオパラダイス 1987年2月号 p.102「テーマ曲Q&A」
  5. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1987年12月号「ラジパラタイムス・SBS、伊藤圭介の「フリステ」最終回」より。
  6. ^ 放送時間については、三才ブックス 月刊ラジオパラダイス 1988年5月号及び1988年10月号より
  7. ^ 月刊ラジオパラダイス 1986年9月号特集「聞かずに死ねるか!!各局「一笑必殺」コーナー大特集」(p.24)より
  8. ^ 荻島担当の最終回となる1982年3月31日放送分は、同年3月29日からテレビ「朝のホットライン」司会として東京放送(当時)へ出向となったため、静岡放送東京支社の一室へ機材を持ち込み(東京支社にはラジオスタジオなど番組制作設備は常設されていない)そこから生中継、本社Bスタヂオを受けサブとして生放送された。なお、最終回以外にも数回、東京支社から生中継されたことがある。

参考文献編集

外部リンク編集

静岡放送(SBSラジオ) 月 - 金曜 20:00 - 22:20
前番組 番組名 次番組
ぶっちゃけスタジオCut in!
(月曜 - 金曜 21:00 - 22:00)
フリーステーション1.2.0
-
静岡放送(SBSラジオ) 土曜 21:00 - 23:00(1986年 - 1987年)
とびっきりナイト
サタデー電リク村・び〜ん
(1986年4月 - 9月)
みらくるナイト・フリーステーション1.2.0
全国歌謡ベストテン
文化放送制作、21:00 - 22:00)
クンちゃんのなんでもナイト
(22:00 - 22:30)
素敵にあなたと・・・柏原芳恵です
(22:30 - 22:50)
Jump Up 青春
(22:50 - 23:00)