メインメニューを開く

荻野美穂(おぎの みほ、1945年10月16日-)は、日本の歴史学者。専門は、女性史ジェンダー研究。

中国・青島市生まれ。1968年神戸女学院大学文学部英文科卒業。1985年奈良女子大学大学院文学研究科史学科修士課程修了、87年同大学院人間文化研究科博士課程中退。2000年「アメリカ合衆国の人工妊娠中絶論争 その歴史と意味についての研究」でお茶の水女子大学博士(人文科学)。京都文教大学助教授、2001年大阪大学文学部日本学助教授、同文学研究科教授、2009年定年退任、同志社大学グローバル・スタディーズ研究科教授。2015年退職。

著書編集

  • 『生殖の政治学――フェミニズムとバース・コントロール』山川出版社, 1994
  • 『中絶論争とアメリカ社会――身体をめぐる戦争』岩波書店, 2001
  • 『ジェンダー化される身体』勁草書房, 2002
  • 『「家族計画」への道 近代日本の生殖をめぐる政治』岩波書店 2008
  • 『女のからだ フェミニズム以後』岩波新書、2014年 

共著編集

編著編集

  • 『身体をめぐるレッスン(2)資源としての身体――Economy』岩波書店, 2006
  • 『「性」の分割線――近・現代日本のジェンダーと身体』青弓社, 2009

共編著編集

訳書編集

  • アンガス・マクラレン『性の儀礼――近世イギリスの産の風景』人文書院, 1989
  • F・デーヴィス『ノスタルジアの社会学』世界思想社, 1990
  • ジョーン・W・スコット『ジェンダーと歴史学』平凡社, 1992、平凡社ライブラリー、2004
  • ダグマー・ヘルツォーク『セックスとナチズムの記憶 20世紀ドイツにおける性の政治化』川越修,田野大輔共訳 岩波書店 2012

参考編集

  • 荻野美穂教授 略歴・主要業績 大阪大学大学院文学研究科紀要 2009-03

外部リンク編集