菅原定義
時代 平安時代中期-後期
生誕 長保4年(1002年[1]
死没 康平7年12月26日1065年2月4日
官位 従四位上大学頭従一位
主君 後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇
氏族 菅原氏
父母 父:菅原孝標、母:藤原倫寧の娘
兄弟 定義、基円、孝標女、女子
藤原相任の娘、藤原在良の娘
藤原実方の娘
是綱忠章在良清房正長輔方茂富、定快
テンプレートを表示

菅原 定義(すがわら の さだよし)は、平安時代中期から後期にかけての貴族学者官位従四位上大学頭従一位。菅原氏長者。

経歴編集

菅原氏は代々大学頭文章博士を輩出した学問の家であり、定義は右大臣にまで昇った菅原道真から数えて6代目に当たる。同母姉妹には『更級日記』の作者、菅原孝標女がいる。

式部少輔民部少輔弾正少弼少内記、大内記、大学頭、文章博士を歴任。永承4年(1049年)に和泉守に赴任した際に菅原孝標女が和泉を訪ねている[2]康平7年12月26日(1065年2月)に卒去享年64。死後、寿永3年(1184年)3月26日に従三位乾元元年(1302年)12月10日には正二位元徳2年(1330年)11月24日には従一位を贈られた。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『尊卑文脈』の注記より長和元年(1012年)生まれ説もある。
  2. ^ 『更級日記』
  3. ^ 『久松家譜』

参考文献編集