菅原氏(すがわらうじ)は、「菅原」をの名とする氏族朝臣

菅原氏
Ume-bachi inverted.jpg
梅鉢(代表家紋)
氏姓 菅原朝臣
出自 土師氏
氏祖 菅原古人
種別 神別天孫
本貫 大和国菅原邑
著名な人物 菅原道真
菅原孝標女
菅原為長 など
後裔 高辻家公家
五条家(公家)
東坊城家(公家)
唐橋家(公家)
清岡家(公家)
桑原家(公家)
若江家地下家
前田家(地下家)
塩小路家(地下家)
西高辻家社家
西坊城家(公家)
美作菅氏武家
美濃部氏(武家)
安武氏(武家)
新海氏(武家)
船橋氏(武家) など
凡例 / Category:氏

歴史編集

菅原氏の前身は、天穂日命の子孫で、野見宿禰を家祖とし、葬送を職掌としている土師氏である。天応元年(781年)に古人が改姓を申し出たことから菅原姓を称するようになった[1]。「菅原」の名は大和国菅原邑にちなむ。

古人は儒学を学び、桓武天皇の侍読となった[2]。子の清公770年(宝亀元年) - 842年(承和9年))(従三位非参議)、および孫の是善812年(弘仁3年) - 880年(元慶4年))(従三位参議)も儒学を修め、文章博士を勤めた。また清公は、菅家廊下と呼ばれる私塾を創設し、多くの門人を教え、紀伝道文章道)を家業とするようになった

是善の子道真宇多天皇の抜擢を受けて従二位右大臣に至るが、901年延喜元年)、大宰員外帥に左遷され、903年(延喜3年)、大宰府にて薨去した。道真の子らも左遷されていたが、906年(延喜6年)冬、道真の嫡子菅原高視は赦免され、大学頭に復帰している[3]。高視の子孫らも受領や大学頭などを歴任したが、菅原文時899年(昌泰2年) - 981年(天元4年))(従三位非参議)、菅原輔正925年(延長3年) - 1009年(寛弘6年))(正三位参議大宰大弐)のような例外を除いて公卿に列せられることはなかった。また『更級日記』の作者である菅原孝標女なども輩出している。

鎌倉時代初期の菅原為長1158年(保元3年)- 1246年(寛元4年))が正二位参議大蔵卿に昇進して以降、子孫は累代公卿に列せられた。またこれまで文章博士を多く出した大江氏が衰退したこともあり、朝廷における紀伝道の要職を独占した。その後近世に至るまで高辻家五条家東坊城家唐橋家清岡家桑原家の6家の堂上家半家)が分かれ出た。平安中期以降の年号案の勘申にあたった儒者は、ほとんどがこれら菅原氏の子孫である[4]

中世公家社会において菅原氏の嫡流は唐橋家とみなされて氏長者である北野の長者に多く就任していたが、15世紀末の唐橋在数の殺害事件以後は衰退し、それまではまれにしか補任されていなかった高辻・五条・東坊城家の中から選ばれるようになった[5]。明治に至って菅原氏の各堂上家当主は、いずれも子爵に叙されている。

系譜編集

太線は実子。(なお養子はあえて記載せず。)

菅原姓を名乗った氏族編集

久松氏
系譜類で末裔(まつえい)とする[6]が、のちに清和源氏子孫と自称。
美作菅氏
美作国武士団。美作菅家党。
前田氏
美作菅氏の分流・原田氏の末裔説。菅原道真が九州でもうけた子の子孫説[7]利仁流斎藤氏説など異説あり。
柳生氏
藩翰譜』また後世の『寛政重修諸家譜』によると、柳生氏の姓は菅原姓とされる[8][9]
平手氏
世良田氏末裔を自称するが、菅原姓説あり。
清岡氏
菅原高視の子孫を称した清岡惟泰を祖とする。
大隈氏
佐賀藩士。大隈重信を輩出している。

脚注編集

  1. ^ 滝川幸司 2019, p. 1.
  2. ^ 滝川幸司 2019, p. 2.
  3. ^ 滝川幸司「菅原道真の子息をめぐる二、三の問題 : 阿視と高視・淳茂の左遷その他
  4. ^ 所功「日本年号の来歴と特色」第106回歴博フォーラム 年号と日本文化 -国立歴史民俗博物館
  5. ^ 伊藤 2012, pp. 28-29.
  6. ^ 堀田 1923, p. 933.
  7. ^ 堀田 1923, p. 889.
  8. ^ 新井 1894, p. 35.
  9. ^ 堀田 1923, p. 915.

参考文献編集

  •  新井白石 国立国会図書館デジタルコレクション 『藩翰譜』 3巻、大槻如電校訂(再版) 吉川半七、1894年11月15日。全国書誌番号:46042204https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1142642/77 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 伊藤慎吾 『室町戦国期の公家社会と文事』 三弥井書店、2012年2月。ISBN 9784838232185 
  •  堀田正敦「巻第千百三十一 菅原氏」『国立国会図書館デジタルコレクション 寛政重脩諸家譜』第6輯、國民圖書、1923年3月。全国書誌番号:21329090
  • 滝川幸司『菅原道真 学者政治家の栄光と没落』中央公論新社〈中公新書〉、2019年。ISBN 978-4-12-102559-3

関連項目編集