メインメニューを開く

菅原 孝標(すがわら の たかすえ)は、平安時代貴族受領右大臣菅原道真の曾孫にあたる右中弁菅原資忠の子。官位は従四位上[1]常陸

 
菅原孝標
時代 平安時代
生誕 天禄3年(972年
死没 不詳
官位 従四位上常陸
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇後朱雀天皇
氏族 菅原氏
父母 父:菅原資忠、母:源包の娘
兄弟 孝標致尚文直、女子
藤原倫寧の娘、高階成行の娘
定義、基円、孝標女、女子
テンプレートを表示

目次

経歴編集

更級日記』の著者である菅原孝標女の実父。因幡掾在任中の正暦4年(993年東宮昇殿を聴される。長保3年(1001年)に従五位下叙爵寛仁元年(1017年)に上総介、長元5年(1032年)に正五位下常陸介に叙任された。学問の家に生まれたが、孝標は大学頭文章博士には任官しなかった。

『更級日記』によると、常陸介として赴任した4年後の長元9年(1036年)に帰京し、高齢で再びどこかの国司に任命されたらしい。高齢で任国へ赴く父との今生の別れの箇所は、『更級日記』の中でも有名なシーンの一つである(実際には無事に生きて戻ってきた)。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈
  2. ^ 後一条天皇中宮の藤原威子の女房で「上総大輔」とも呼ばれる。

関連項目編集