メインメニューを開く
 
菅原雅規
時代 平安時代中期
生誕 延暦19年(919年
死没 天元2年(979年)8月
別名 久松麿英比殿
官位 従四位上左少弁
主君 朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇
氏族 菅原氏
父母 父:菅原高視、母:菅原宗岳の娘
兄弟 文時雅規、緝熙、至貫、庶幾
安倍春の娘
資忠董宣良正菅原為紀
テンプレートを表示

菅原 雅規(すがわら の まさのり)は、平安時代中期の貴族右大臣菅原道真の孫で大学頭菅原高視の子。官位従四位上左少弁。幼名を久松麿英比殿とも称す。

経歴編集

昌泰の変にて左遷された菅原道真の孫。父・高視も同様に左遷され、自身も尾張国に配流されたため、昇進の望みは薄かった。

文章博士となり、のちに左少弁を務めたといわれる。また、応和元年(961年)に因幡守をはじめ、淡路守和泉守などの諸国の国司を務めたとされる。天元2年(979年)没。享年61。

天暦2年(948年久松寺を開基。末裔には久松氏がいるとされる。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 菅原為紀の子とも。

参考文献編集