菅原高視

平安時代前期の貴族。菅原道真の長男。従五位上・大学頭、山城守

菅原 高視(すがわら の たかみ)は、平安時代前期の貴族右大臣菅原道真の長男。官位従五位上大学頭

 
菅原 高視
時代 平安時代前期
生誕 貞観18年(876年
死没 延喜13年7月21日913年8月25日
官位 従五位上大学頭
主君 宇多天皇醍醐天皇
氏族 菅原朝臣
父母 父:菅原道真、母:島田宣来子島田忠臣の娘)
兄弟 高視、衍子、旧風、寧茂、景行、景鑑、淳茂、弘茂、兼茂、宣茂、淑茂、滋殖、尚子、寧子、俊子
正室:菅原宗岳娘
文時雅規、緝熙、至貫、庶幾
テンプレートを表示

経歴編集

寛平5年(893年)に文章得業生となり、翌寛平6年(894年正六位上三河掾に叙任される。その後、大学頭右少弁となるが、延喜元年(901年昌泰の変が発生すると父の右大臣菅原道真連座して土佐介左遷された。5年後に帰京して大学頭に復している。

延喜13年(913年)7月21日卒去享年38[1]

官歴編集

系譜編集

注記のないものは『尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『尊卑分脈』
  2. ^ a b 『葉黄記』宝治元年4月27日条
  3. ^ a b 『弁官補任』
  4. ^ a b 『政事要略』巻22
  5. ^ 「菅原系図」『続群書類従』巻第175所収

参考文献編集

関連項目編集

 
菅原高視遺跡碑
高知県高知市
寺社
氏族