メインメニューを開く
画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2015年2月

菅野 廉(かんの れん、1889年(明治22年)7月12日 - 1988年(昭和63年)7月8日)は宮城県黒川郡大衡村生まれの洋画家である。東京美術学校を卒業し、戦前は二科で、戦後は河北美術展などで活躍した。「蔵王の画家」と呼ばれる。

菅野 廉
(かんの れん)
生誕 1889年7月12日
日本の旗 日本 宮城県黒川郡大衡村
死没 (1988-07-08) 1988年7月8日(98歳没)
国籍 日本の旗 日本
教育 東京美術学校
著名な実績 画家
代表作 「梨花」、「ろ馬の耳」、「磐司岩」など

昭和万葉の森の敷地内にある「大衡村ふるさと美術館」は、作品の一部を常設展示している[1]

目次

略年譜編集

 
菅野廉の作品を所蔵する
大衡村ふるさと美術館

作品編集

  • 「梨花」(40号)1965年
  • 「ろ馬の耳」(100号)1978年
  • 「磐司岩」(30号)1988年

etc.

脚注編集

  1. ^ 万葉まちづくりセンター. “大衡村ふるさと美術館”. 2015年2月9日閲覧。

外部リンク編集

書籍編集

  • 伝記『蔵王の画家-菅野廉』玉田尊英著2014年 南北社(仙台) ISBN 978-4903159126