菊川宿(きくがわしゅく) は中世に栄えた旧東海道宿場である。現在の静岡県島田市菊川。小夜の中山の東麓、牧之原台地の西麓に位置し、側には菊川が流れる。 江戸時代には東海道五十三次に指定されず間の宿となった(西は日坂宿、東は金谷宿)。

沿革編集

  • 1575年(天正5年) 諏訪原城の戦い
  • 1601年(慶長6年) 宿駅整備により、東海道五十三次が指定される。菊川宿は五十三次の正規の宿場から外れ、間の宿となる。
  • 1889年(明治22年) 町村制により、菊川宿のあった菊川村ほかが榛原郡金谷町として町制施行。金谷町菊川となる。
現在の静岡県菊川市(旧・小笠郡菊川町)は、榛原郡菊川村の合併消滅から60年余を経た1954年に発足したもので、旧東海道には面しておらず、菊川宿とは別である。
  • 2005年(平成17年) (旧)島田市と榛原郡金谷町が合併(新設合併)して(新)島田市となり、島田市菊川となる。

周辺編集