メインメニューを開く

菊池寛通り(きくちかんどおり)は、香川県高松市の県庁北交差点から琴電瓦町駅前交差点に至る全長約0.7kmにおける高松市道天神前瓦町線の愛称である。

高松市内の通り
菊池寛通り
高松市道天神前瓦町線の愛称
路線延長 0.7km
制定年 1988年1月28日
道路の方角 東西
起点 香川県高松市番町一丁目10番地11[1]
終点 香川県高松市瓦町二丁目7番地8
接続する
主な道路
記法
香川県道173号高松停車場栗林公園線
Japanese National Route Sign 0011.svg国道11号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
瓦町駅前のペデストリアンデッキ上から見た当線
通り沿いにある「父帰る」銅像
起点の県庁北交差点にある高松赤十字病院

愛称の由来は、かつてこの道路沿いに高松市出身の作家菊池寛」の生家があったことによるもので、1988年1月28日[2]に制定された。

概要編集

  • 高松琴平電気鉄道瓦町駅から中央通りや県庁前通りへの目抜き通りである。
  • この通りは菊池寛通りと命名される以前、県庁通りと呼ばれていたが、香川県道173号高松停車場栗林公園線の一部が県庁通りと命名されたため、混同を避けるために改名された。ただし、国道11号の本路線との交差地点北側にある路線バス(夜行便以外の高速バスも停車する)の停留所は未だに県庁通りのままである。
  • この通りは俗称で「ピコピコ通り」と呼ばれる事がある。昭和50年頃、この通り沿いに「ピコピコ」というゲームセンターが存在しており、特に若者の間で人気だったためである。
  • 1970年代から90年代にかけて、瓦町駅前広場から高松中央商店街までの両側歩道部分には、アーケードがあったがその後取り払われた。

路線データ編集

都市計画道路指定編集

都市計画道路天神前瓦町線は、当道路が属する高松市道天神前瓦町線の全線からなる。1946年6月5日[3]戦災復興院告示第39号により指定。車線数・名称などを除く最終決定日は1978年12月21日[4]。最終告示は、2004年5月17日の高松市告示第325号。

都市計画道路天神前瓦町線
  • 指定部分:全線
  • 路線番号:3・4・113
  • 指定日:1946年6月5日

沿線施設編集

重複区間編集

なし

通過する自治体編集

  • 香川県高松市

交差・接続している道路編集

接続する道路
南← <菊池寛通り> →北
交差点
<県庁前通り>
県道173号高松停車場栗林公園線
県庁北 高松市
市道天神前五番町線
中央通り
国道11号
中央公園南
南新町商店街
市道丸亀町栗林線
南新町
常磐町商店街
市道瓦町2号線
トキワ新町商店街
市道瓦町2号線
常磐新町南口
フェリー通り
市道魚屋町栗林線
琴電瓦町駅前

脚注編集

  1. ^ a b 住居表示における番町一丁目10番27号の建物がある土地
  2. ^ 香川県立図書館・香川県史 別編II 年表
  3. ^ 香川県・土木部都市計画課「IV都市施設」
  4. ^ 高松市・都市計画道路の指定状況
  5. ^ 2016年6月に室新町に移転。ビル名は高松電気ビルから四電ビジネス亀井町ビルに変更され、2017年1月から2019年10月まで香川銀行本店が建替えのため仮店舗として使用している。

関連項目編集