菊谷 和宏(きくたに かずひろ、1969年 - )は、日本社会学者。専門は社会学社会学史社会理論社会思想史一橋大学大学院社会学研究科教授。

きくたに かずひろ
菊谷 和宏
生誕1969年????
日本の旗 愛知県名古屋市
出身校一橋大学社会学部
一橋大学大学院社会学研究科
職業一橋大学大学院社会学研究科教授
受賞日本社会学史学会奨励賞

人物編集

愛知県名古屋市生まれ。愛知県立千種高等学校を経て、1991年一橋大学社会学部社会理論課程卒、93年同大学院社会学研究科社会学専攻修士課程修了、日本学術振興会特別研究員社会科学高等研究院DEA課程留学を経て、98年一橋大学大学院社会学研究科社会学専攻博士後期課程単位取得満期退学。2004年「トクヴィルデュルケーム 社会学的人間観/社会観の歴史的形成と生の意味喪失」で一橋大学博士(社会学)[1]。審査員は矢澤修次郎平子友長深澤英隆[2]

1998年和歌山大学経済学部専任講師、2000年助教授、2007年准教授、2008年教授。日仏社会学会常務理事。2005年第6回日本社会学史学会奨励賞受賞。2009年パリ第7大学招聘研究員及びユーロメッド マネジメント(現ケッジビジネススクール)客員研究員。2016年一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻社会動態研究分野(社会学)教授[3]

著書編集

訳書編集

脚注編集

  1. ^ 「菊谷 和宏」一橋大学
  2. ^ 「博士論文審査要旨」一橋大学
  3. ^ [1]一橋大学大学院社会学研究科

関連項目編集

外部リンク編集