葛和伸元

葛和 伸元(くずわ のぶちか、1955年1月6日 - )は日本のバレーボール元選手・指導者である。元全日本女子バレーボールチーム監督。大阪府羽曳野市出身。

葛和 伸元
Nobuchika Kuzuwa
仙台ベルフィーユ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1955-01-06) 1955年1月6日(62歳)
出身地 大阪府羽曳野市
ラテン文字 Nobuchika Kuzuwa
選手情報
所属 仙台ベルフィーユ
役職 監督
テンプレートを表示

来歴編集

大阪商大附属高等学校から法政大学を経て、卒業後は日本電気男子バレー部に入部した。選手として活躍後、女子バレー部コーチを経て同部監督となる。1997年にはVリーグ優勝に導き、同年から2000年まで全日本女子バレーボールチーム監督を務めた。

全日本女子監督就任後は大型化を推進し、アタッカーだった大貫美奈子をセッターにコンバートしたものの上手くいかず、NECの教え子である竹下佳江を正セッターに抜擢して2000年シドニーオリンピック世界最終予選に臨んだ。しかし日本は3勝4敗の6位で敗退し、日本女子バレー史上初の五輪出場を逃す結果に終わり、責任を取って辞任した。その後は再びNECレッドロケッツの監督、総監督を務めた。

2005年10月、NECから出向の形で当時V1リーグのトヨタ車体総監督に就任し、チームをプレミアリーグ昇格に導いた。

2008年6月、総監督から監督に就任した。

2012年4月、監督を退任[1]。2014年4月、仙台ベルフィーユの監督に就任[2]

人物・エピソード編集

  • 非常な熱血漢タイプの監督として知られ、マスコミから「ニッポンの怒る人」と命名されたこともあるほどである。ただし「ここは最大集中や。」等という精神論に重きを置いた指導は一部から批判された。
  • 指導の厳しさとは裏腹に、トーク番組ではお茶目な姿を見せるなどしている。

脚注編集

  1. ^ トヨタ車体クインシーズ. “葛和監督の勇退について”. 2012年4月22日閲覧。
  2. ^ 河北新報 OnlineNews. “仙台新監督に葛和氏 バレー女子チャレンジL”. 2014年4月19日閲覧。