メインメニューを開く

葛飾柴又寅さん記念館(かつしかしばまたとらさんきねんかん)は、東京都葛飾区柴又に所在する記念館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 葛飾柴又寅さん記念館

Tora-san Museum.JPG

葛飾柴又寅さん記念館の位置(東京都区部内)
葛飾柴又寅さん記念館
東京都区部内の位置
施設情報
正式名称 葛飾区観光文化センター内葛飾柴又寅さん記念館
愛称 寅さん記念館
専門分野 映画男はつらいよ』シリーズ関連の資料展示
管理運営 共立メンテナンス(指定管理者)
開館 1997年11月16日
所在地 日本の旗 日本 東京都葛飾区柴又6丁目22番19号
位置 北緯35度45分25.7秒 東経139度52分49.9秒 / 北緯35.757139度 東経139.880528度 / 35.757139; 139.880528座標: 北緯35度45分25.7秒 東経139度52分49.9秒 / 北緯35.757139度 東経139.880528度 / 35.757139; 139.880528
アクセス 京成電鉄京成金町線柴又駅徒歩8分
京成バス戸ヶ崎線柴又帝釈天バス停下車徒歩7分
北総鉄道北総鉄道北総線新柴又駅徒歩12分
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

柴又は松竹製作・配給の映画男はつらいよ』の舞台であり、当該作品の世界観および各種資料を再現・展示したものである。

施設概要編集

  • 住所:東京都葛飾区柴又6丁目22番19号
  • 正式名称:葛飾区観光文化センター内葛飾柴又寅さん記念館
  • 指定管理者共立メンテナンス2014年4月~)
  • 開館:1997年11月16日
  • 開館時間:9:00 - 17:00(閉館30分前に入場)
  • 休館日:第3火曜日(但し第3火曜日が祝日の場合は直後の平日)および12月の第3火・水・木曜日
  • 入場料:一般500円、児童・学生300円、シルバー400円、団体(一般)400円
京成電鉄の主要駅(京成上野駅成田空港駅など)では当記念館の前売入場券を発売している。(一般450円、児童・学生270円)

解説編集

柴又地区で、江戸川高規格堤防の整備事業が行われ、河川敷法面が一体で整備され「柴又公園」が設立された。当該記念館は、その柴又公園の真下に作られたものである。別棟にはレンタサイクルのセンターが設置されている。

『男はつらいよ』の世界をコーナー別に分けて展示しており、松竹大船撮影所神奈川県鎌倉市2000年閉鎖)から移設した「くるまや」「朝日印刷所」のセット、映画の名場面を紹介した映像コーナー、実物の革カバンなどの展示コーナー、記念撮影コーナーなどがある。2012年からは『男はつらいよ』の原作者で第3作と第4作を除いたシリーズの監督も務めた山田洋次を顕彰する『山田洋次ミュージアム』を開設している。

なお、記念館内の展示工作物(映像・音声含む)は松竹の著作権管理下にあるが、館入口(ファサード)のモニュメント(館名を取り付ける寅さん)も松竹株式会社の著作権管理下にあるので注意が必要である[1]

展示物編集

  • 「くるまや」セット
  • 「くるまや」ミニチュア模型
  • 「朝日印刷所」セット
  • 思い出に残るなつかしの駅舎
  • 生まれも育ちも葛飾柴又コーナー
  • 帝釈人車鉄道への旅
  • 作品資料展示コーナー 他

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 公式HP内写真貸出申請書より

関連項目編集

外部リンク編集