董 遇(とう ぐう、2世紀後半 - 3世紀前半)は、中国後漢末期~三国時代儒学者・政治家。魏の大司農季直。子は董綏、孫は董艾。兄に字を季中という人物がいる。男性

董遇

大司農
出生 生年不詳
司隸弘農郡華陰県(現在の陝西省華陰県)
死去 没年不詳
季直
主君 段煨献帝曹丕曹叡
テンプレートを表示

主に魚豢魏略』に事績が伝わっている。「読書百遍義自ずから見る」「三余」の故事で知られる。

略歴編集

木訥な性格で、学問を好んだ。後漢の興平年間(194年-195年)、兄とともに戦乱を避けて段煨の元に身を寄せた。生活は貧しく、自ら農業や行商で生計を立てたが、常に経書を手放さずに学問を続けた。兄はそんな董遇を笑ったが、董遇は学問を止めなかった。

建安のはじめ(196年頃)、孝廉に推挙され、黄門侍郎となった。献帝侍講となり、親愛された。218年吉本らが、実権を握る曹操の暗殺を企て誅殺されると、董遇も関与を疑われ左遷された。

曹操が西へ出陣した時、孟津にある弘農王(少帝、劉弁)の墓所を通りがかったことがあった。曹操は皇帝陵としての拝謁が必要か判断に迷い、周囲の者に聞いたが答えられなかった。そこで董遇は進み出て、「『春秋』によりますと、君主が即位して次の年を待たずに亡くなった場合、即位を認めません。弘農王は即位して日が浅く、暴臣(董卓)によって位を降ろされて藩国におられました。拝謁の必要はありません」と答えた。その結果、曹操軍は拝謁せずに素通りした。

魏の黄初元年(220年)、曹丕が魏皇帝となると、外地に出て郡太守となった。明帝の代になると中央に呼び戻され、侍中、大司農を歴任した。その後数年して病死した。

子の董綏も学問で名が知られ、魏で秘書監になった。孫の董艾は西晋で龍驤将軍となった。八王の乱で斉王・司馬冏の側近となるが、司馬冏が敗れると連座して誅殺された。

学問の逸話編集

はじめ『老子』を研究し、注釈を著した。また『春秋左氏伝』の注釈『朱墨別異』を著した。弟子への教育は、積極的に講義をするのでは無く、「読書百遍義自ずから見る」(どのような難しい書物でも繰り返し読めば、自ずと意味が理解出来るようになる)というのが方針だった。弟子に「生活が苦しくて余裕がありません」といわれると、董遇は「三余を使いなさい」と返した。「冬は1年の余りである。夜は1日の余りである。長雨は時の余りである(この3つを三余という)」と。董遇のこの方針に従う弟子は少なく、著書も詳しい業績も後世に残らなかった。

脚注編集