蒙恬

中国の秦の将軍

蒙 恬(もう てん、拼音:Méng Tián、? - 紀元前210年)は、中国の将軍。蒙驁(驁は敖の下に馬)の孫、蒙武の子、蒙毅の兄。匈奴討伐などに功績を挙げ、弟とともに始皇帝に重用されたが、趙高たちの陰謀によって扶蘇と共に自殺させられた。

生涯編集

蒙氏は、祖父の代により秦へ移り住んだ。蒙恬は当初は文官として宮廷に入り、訴訟・裁判に関わっていた[1]

紀元前225年李信の副将として討伐に加わり、寝丘を攻めて大勝した[2][3]。その後、城父で李信と合流したが、後方の郢陳で起きた反乱鎮圧に向かう李信の軍を三日三晩追い続けていた楚の項燕項羽の祖父)に大敗した(城父の戦い[4]

紀元前221年、家柄によって将軍となった[5]。李信・王賁とともに斉の討伐に赴き、見事に斉を討ち滅ぼした[6]。その功績により、内史とされた[7]

紀元前215年、30万の軍を率いての匈奴征伐では、オルドス地方を奪って匈奴を北へ追いやると、辺境に陣して長城、直道(直線で結ぶ道)の築造も担当した[8][9]。これらの軍功に始皇帝からも大いに喜ばれ、弟の蒙毅も取り立てられ、蒙恬が外政に蒙毅が内政に両者とも忠誠と功績を認められた[10]。この頃、始皇帝に焚書を止める様に言って遠ざけられた長子の扶蘇が蒙恬の元にやって来て、扶蘇の指揮下で匈奴に当たるようになった(扶蘇は始皇帝に疎まれたために蒙恬の所へ送られたとなっているが、蒙恬の監視役であったとも考えられる)。

紀元前210年、始皇帝が死ぬと、趙高李斯の二人は共謀して、始皇帝の末子胡亥を皇帝に立てて、自らの権力を護ろうと画策した。趙高らは始皇帝の詔書を偽造し、扶蘇と蒙恬に対して自殺を命じた[11]。蒙恬はこれを怪しみ、真の詔書であるかを確かめるべきだと主張したが、扶蘇は抵抗せずに自殺した[12]。蒙恬は陽周の監獄に繋がれ、趙高により蒙氏は日夜誹謗され、その罪過を挙げて弾劾された[13]子嬰が胡亥を諫めたが、聞き入られることはなかった[14]

その後、胡亥(二世皇帝)からの自殺命令が届くとやむを得ず、毒を飲んで自殺した[15]。蒙恬は自殺する際、「私に何の罪があって、過ちもないのに死ななければならないのか」と自らに問いかけて嘆き、それから「私の罪が死に当たるのも無理はない。長城を築くこと数万里、その途中で地脈を絶ったのだろう。それこそが私の罪である」と言って毒を仰って自殺した[16]。これに対して、司馬遷の評は「私は、蒙恬が秦のために築いた長城や要塞を見たが、山を崩し谷を埋めて道路を切り開いたこと、まことに民の労力を顧みないものである。天下が治まった当初、負傷者たちの傷はまだ癒えていなかった。蒙恬は(始皇帝に信頼された)名将であるのだから(始皇帝に諫言して)、この時こそ、人民の危機を救い、老人を養い孤児を憐み、民の融和を図るべきであった」と厳しく批判した。

蒙恬の死後、蒙毅も趙高により言いがかりを付けられて殺害され、蒙氏一族は皆殺しにされた。

逸話編集

蒙恬が獣の毛を集めて作り、始皇帝に献上したのがの始まりとされていた。しかし1928年戦国時代の遺跡から筆が発見されたのでこの説は覆された。現在では甲骨文字の中に筆を表す文字が発見されており、筆の発明は代まで遡るのではないかと考えられている。蒙恬は筆の発明者ではなく、筆の改良者とされている。

千字文』には、「恬筆倫紙(蒙恬は筆をつくり、蔡倫は紙をつくった)」の句がある。

脚注編集

  1. ^ 『史記』蒙恬列伝
  2. ^ 『史記』蒙恬列伝
  3. ^ 『史記』白起・王翦列伝
  4. ^ 『史記』白起・王翦列伝
  5. ^ 『史記』蒙恬列伝
  6. ^ 『史記』蒙恬列伝、白起・王翦列伝
  7. ^ 『史記』蒙恬列伝
  8. ^ 『史記』蒙恬列伝
  9. ^ 『史記』秦始皇本紀
  10. ^ 『史記』蒙恬列伝
  11. ^ 『史記』蒙恬列伝
  12. ^ 『史記』蒙恬列伝
  13. ^ 『史記』蒙恬列伝
  14. ^ 『史記』蒙恬列伝
  15. ^ 『史記』蒙恬列伝
  16. ^ 『史記』蒙恬列伝

参考文献編集