蕭 子罕(しょう しかん、479年 - 495年)は、南朝斉皇族。南海王。武帝蕭賾の十一男。は雲華。

経歴編集

蕭賾と楽容華のあいだの子として生まれた。母の楽氏が病床に伏せったとき、子罕は昼夜祈祷して快癒を願ったため、その孝行ぶりで知られた。483年永明元年)1月、南海王に封じられた。488年(永明6年)、北中郎将・南琅邪彭城二郡太守となった。南琅邪郡の郡治を金城から白下に移転すると、子罕は白下の城に駐屯した。492年(永明10年)1月、持節・都督南兗兗徐青冀五州諸軍事・征虜将軍・南兗州刺史となった。493年(永明11年)、蕭昭業が即位すると、子罕は後将軍に進んだ。494年隆昌元年)、散騎常侍・右衛将軍に転じた。同年(建武元年)、護軍将軍に転じた。495年(建武2年)6月、明帝の命により兄弟の西陽王蕭子明・邵陵王蕭子貞とともに殺害された。享年は17。

伝記資料編集