蕭 遙欣(しょう ようきん、469年 - 499年)は、南朝斉皇族。曲江公。は重暉。

経歴編集

始安靖王蕭鳳(蕭道生の長男で、明帝蕭鸞の兄)の子として生まれた。蕭承之の兄の西平郡太守蕭奉之の後嗣がなかったため、遙欣がその曾孫格として後を嗣いだ。秘書郎・太子舎人・巴陵王文学・中書郎を歴任した。494年延興元年)8月、持節・都督兗州縁淮諸軍事・寧朔将軍・兗州刺史となった。10月、都督豫州郢州之西陽司州之汝南二郡諸軍事・輔国将軍・豫州刺史に転じたが、赴任しなかった。同年(建武元年)、西中郎将となり、聞喜県公に封じられた。11月、使持節・都督荊雍益寧梁南北秦七州諸軍事・右将軍荊州刺史に転じた。曲江公に改封された。明帝の子弟はまだ幼少であったため、始安王蕭遙光揚州の事務を代行し、遙欣は西方の外藩にあって、権勢を両分した。遙欣は勇者を好み、武士を取り立てて集めた。497年(建武4年)、平西将軍の号に進んだ。498年永泰元年)2月、雍州北魏の侵攻を受けたため、遙欣は本官のまま雍州刺史・寧蛮校尉を兼ね、襄陽への移駐を命じられたが、魏軍が撤退したため行かなかった。499年永元元年)、死去した。享年は31。侍中司空の位を追贈された。は康公といった。王礼で葬られた。

子に蕭幾があった。

伝記資料編集