蕭 鉉(しょう げん、480年 - 498年)は、南朝斉皇族。河東王。宣胤。高帝蕭道成の十九男。

経歴編集

蕭道成と張淑妃のあいだの子として生まれた。486年永明4年)2月、河東王に封じられた。柳世隆の娘を妃に迎えた。494年隆昌元年)、驍騎将軍となった。同年(延興元年)8月、南徐州刺史として出向した。ついで中書令に転じた。同年(建武元年)、散騎常侍・鎮軍将軍の位を受け、兵佐を置いた。

明帝の治世において、高帝と武帝の子孫たちは粛清におびえており、蕭鉉は朝見のたびごとに身を縮こめて俯き、平行に直視することがなかった。まもなく侍中衛将軍に転じた。497年(建武4年)1月、蕭鉉を擁立しようとしたとの名目で王晏が処刑され、蕭鉉は免官されて王邸に蟄居させられた。498年永泰元年)1月、明帝の病が重くなると、蕭鉉は明帝の命により殺害された。享年は19。2人の男子が襁褓の中にあったが、やはり殺害された。

伝記資料編集