メインメニューを開く

藤峠

福島県河沼郡柳津町の藤集落西側にある峠
藤トンネルから転送)
地図
藤峠の位置(福島県内)
藤峠
藤峠(福島県)

藤峠(ふじとうげ)は、福島県河沼郡柳津町の藤集落西側にある。一般国道49号が経由している。

目次

概要編集

現在の国道は、只見川西岸の藤集落からいくつかの橋脚トンネル (藤トンネル)を含んだ近代的な道路で、同西会津町の野沢方面との間を結んでいる。この、現在利用されている国道は昭和時代に行われた改修工事によるもので、それ以前はトンネルを含まない経路で藤峠に達していた。

古くからの主要な交通路である越後街道は、藤峠ではなく、藤峠の北に位置する束松峠を経由していた。しかし、明治15年から進められた会津三方道路計画によって整備された道路は、束松峠を経由せず、現在のように藤峠などを経由する経路に改められた。以後、その後進にあたる道路は当峠を経由しており、現在の主要な交通路、国道49号も藤峠を経由している。しかし、束松峠付近はトンネルで通過している磐越自動車道を除いて、県道(束松峠付近を経由する福島県道341号別舟渡線がある)に指定されているものの、近代的な車道は開通していない。

沿革編集

国道49号編集

前述のように、現在利用されている道路は昭和40年代に行われた国道49号の一次改築によって改良された道路である[2]登坂車線なども備えているほか、周辺の国道では落石防止などのために連続雨量が一定の値に達すると規制を行う[3]

主な構造物編集

柳津橋編集

  • 竣工 : 1969年
  • 延長 : 100m
  • 幅員 : 8.5m
  • 構造 : 桁橋

藤トンネル編集

 
藤トンネル(会津若松方面側)
  • 竣工 : 1969年昭和44年)12月
  • 全長 : 298m
  • 幅員 : 6.5m
  • 車線 : 片側1車線(上下線合計2車線)

新藤橋編集

  • 竣工 : 1969年
  • 延長 : 105m
  • 幅員 : 8.5m
  • 構造 : 桁橋

別茶屋橋編集

  • 竣工 : 1970年
  • 延長 : 55m
  • 幅員 : 8.5m
  • 構造 : 桁橋

脚注編集

  1. ^ a b 会津若松市史 8 歴史編8 - 近代明治 - 会津近代の始まり pp24-27. 2006年
  2. ^ 福島の国道をゆく - みちづくりと沿道の歴史をたずねて p140. 東北建設協会 1988.
  3. ^ http://www.thr.mlit.go.jp/koriyama/library/making/Workoffice/work18.html - "通行規制基準"を参照のこと

関連項目編集

外部リンク編集