藤原中正

平安時代の官人。藤原北家魚名流(山蔭流)。藤原山蔭の七男。従四位上・左京大夫。
 
藤原中正
時代 平安時代前期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 仲正
官位 従四位上摂津守
氏族 藤原北家魚名流(山蔭流)
父母 父:藤原山蔭
母:筑前介有孝の娘(姓不詳)
兄弟 有頼公利如無遂長言行兼三中正元善子、娘(藤原定方室)
源友貞の娘
橘巌子橘澄清の娘)
安親為保景興茂秀時姫藤原雅材
テンプレートを表示

藤原 中正(ふじわら の なかまさ)は、平安時代貴族。名は仲正とも表記される[1]藤原北家魚名流(山蔭流)、中納言藤原山蔭の七男。官位従四位上左京大夫

概要編集

醍醐朝右近衛少将を務めたほか、左京大夫摂津守などを歴任。子女に恵まれ、中正の娘たちは藤原兼家藤原雅材へ嫁ぎ、藤原道長・東三条院(藤原詮子)は中正の外孫にあたる。また、伊達氏など有力な武家がその子孫と称した。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 系図纂要
  2. ^ 『近衛府補任』
  3. ^ 『尊卑分脈』

参考文献編集