メインメニューを開く
 
藤原光雅
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 久安5年(1149年
死没 正治2年3月9日1200年4月23日
別名 葉室光雅、堀河中納言
官位 正二位権中納言
主君 後白河法皇
氏族 葉室家
父母 父:藤原光頼、母:藤原親隆
兄弟 光方光定光雅宗頼藤原宗家
藤原重方
葉室光親藤原顕俊、光宝、光円、
大炊御門師経室、典侍、藤原隆房
テンプレートを表示

藤原 光雅(ふじわら の みつまさ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公家権大納言藤原光頼の三男。官位正二位権中納言後白河法皇近臣堀河中納言と号した。葉室光雅とも呼ばれる。

経歴編集

早くから後白河法皇に近臣として仕える一方、実務能力に優れた事から多方面から起用される。治承2年(1178年)12月に誕生した言仁親王(のちの安徳天皇)の職事となり、法皇と平清盛の対立による治承三年の政変後は清盛の命により新関白近衛基通の執事を務める。法皇と源義仲の対立による法住寺合戦後に松殿師家年預となる。

文治元年(1185年)12月、源頼朝源義経の対立で頼朝追討の院宣を奉じた事により、頼朝の要請により右大弁を解官される。のちに許されて文治2年(1186年)に5月には還任。のちに権中納言。

系譜編集

参考文献編集