メインメニューを開く

藤原 宗円(ふじわら の そうえん)は、平安時代後期の人物。後に下野国を地盤に活動した宇都宮氏の初代当主と目される。

 
藤原宗円
時代 平安時代後期
生誕 長元6年(1033年
または長久4年(1043年[1]
死没 天永2年10月18日1111年11月20日
別名 粟田宗円、宇都宮兼綱[2]
墓所 日光山輪王寺[3]
栃木県宇都宮市下荒針町の宗円塚
栃木県宇都宮市新里町のオカザキ山
栃木県益子町上大羽の地蔵院(旧尾羽寺)
氏族 藤原北家道兼[4]宇都宮氏
父母 父:藤原兼房[5] 母:源高雅
兄弟 兼仲宗円、左大臣家少輔、静範、円範
正室:益子正隆
養子:八田宗綱中原宗房

概要編集

尊卑分脈』や宇都宮系図などの各種系図上では、藤原氏北家の関白藤原道兼の流れを汲み(道兼流)、道兼の孫である兼房の次男[6]とされる。

前九年の役の際に河内源氏源頼義義家父子に与力し、凶徒調伏などで功績を認められ、康平6年(1063年)に下野国守護職および下野国一宮別当職、宇都宮座主となるが、もともと石山寺(現在の大谷寺との説もある)の座主であったとも言われ、仏法を背景に勢力を拡大したと考えられている。

宗円は毛野氏の支配下にあったと推測される下野国一宮において、その神職者より上座に座したことが伝えられており、このことから毛野氏の流れを汲む人物(毛野氏への藤原氏の落胤)と推察されているほか、室が益子正隆の娘であったことや、次代の宗綱が八田姓とされる点などから、その勢力は下野国のみならず常陸国西部付近(現在の茨城県下館市付近)にも達しており、芳賀氏益子氏八田氏をその勢力下に置いていたと推定されている。

天永2年(1111年)10月18日に没する。

一説に宇都宮城を築城し、城内に天台宗宝錫寺を建立したといわれる。

略系図編集

〈藤原北家道兼流〉

     藤原道兼
      ┣━━━┳━━━┓
     兼隆  兼綱  兼信
      ┃  
     兼房
      ┃  
     宗円宇都宮氏

脚注編集

  1. ^ 享年については69と記すもの(『宇都宮正統系図』など)と79と記すもの(『下野国誌』『輪王寺 日光山列祖伝』など)とがある。但し、没年を79とした場合、兄であるはずの兼仲の年齢を上回ってしまうため、69を有力とする見解もあるが、兼仲と宗円の関係については、どちらが兄となるかは確定的にはなっておらず、兄弟である事にも疑義があるため、確定的な没年齢は不明である。
  2. ^ 栃木県益子町上大羽の地蔵院にある墓所の銘が「兼綱」となっている。
  3. ^ 宇都宮家の『先祖墳墓地頂戴執成依頼状』(『塩谷町史 第二巻・中近世資料編』掲載)に『先祖宗円墓所ハ日光山(輪王寺)ニ御座候』とあり
  4. ^ 宗円自身は中原姓出身とする説もある。
  5. ^ 尊卑分脈』や『宇都宮系図』(『続群書類従』巻第152所収)など。
  6. ^ 『下野国誌』