メインメニューを開く

藤原 惟規(ふじわら の のぶのり )は平安時代中期の貴族藤原為時の子で、紫式部の同母兄または弟。

 
藤原惟規
時代 平安時代中期
生誕 天延2年(974年)?
死没 寛弘8年(1011年
官位 従五位下越後守
主君 一条天皇
氏族 藤原北家良門流
父母 父:藤原為時、母:藤原為信の娘
兄弟 惟規惟通、定暹、紫式部藤原信経
藤原貞仲の娘
貞職経任
テンプレートを表示

経歴編集

若くして文章生となり出世し、長保6年(1004年)正月に少内記を務めており[1]、3月には位記の作成を命じられている[2]。その後兵部丞六位蔵人式部丞を経て寛弘8年(1011年)に従五位下叙爵。叙爵に伴い蔵人式部丞を離れ、越後守に任じられた父・為時とともに越後に赴任するが赴任先で卒去

幼少時に、姉妹の紫式部とともに為時について書(漢籍)を学んだが、惟規は暗誦することができず、紫式部は暗誦して見せたため、父・為時は式部が男でないことが残念だと思った、という有名な話がある[3]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 御堂関白記長保6年正月11日条
  2. ^ 『御堂関白記』長保6年3月4日条
  3. ^ 紫式部日記
  4. ^ 藤原北家長良流