藤原 辰雄(ふじわら たつお、1952年1月25日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) ・美浦トレーニングセンター北に所属している調教師

藤原辰雄
Tatsuo-Fujiwara20111030.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 (1952-01-25) 1952年1月25日(68歳)
所属団体 JRA
初免許年 1994年(1995年開業)
経歴
所属 坂本栄三郎(1980.11 - 1983.9)
佐藤嘉秋(1983.9 - 1989.2)
伊藤正徳(1989.3 - 開業)
美浦T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

来歴編集

1980年、11月から美浦・坂本栄三郎厩舎所属の調教助手となる。

1983年、9月から美浦・佐藤嘉秋厩舎所属となる。

1989年、3月から美浦・伊藤正徳厩舎所属となる。

1994年、調教師免許を取得する。

1995年、厩舎を開業。3月11日中京競馬場で行われた御在所特別が厩舎の管理馬の初出走となり、ブランドロイヤルが11着となる。4月15日中山競馬場の第12競走でグランコアレスが勝利し、のべ9頭目で初勝利を挙げる。

1997年10月15日に管理馬が地方競馬で初出走する。

2003年マーキュリーカップをディーエスサンダーが制し、地方初勝利が重賞およびダートグレード競走初勝利となった。

2004年、施行が延期された中山大障害ブランディスが制し、JRA重賞およびJRAGI初勝利を挙げる。同年ブランディスがJRA賞最優秀障害馬を受賞する。

2011年河野通文調教師が暴力団との交際問題で調教師免許剥奪処分を受けたことにともない、9月26日付で河野厩舎所属競走馬を臨時貸付という形で預かることとなった[1]。その後の河野厩舎所属馬の処遇については不明。

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1995年3月11日 1回中京3日10R 御在所特別 ブランドロイヤル 15頭 9 11着
初勝利 1995年4月15日 3回中山7日12R 5歳上500万下 グランコアレス 16頭 3 1着
重賞初出走 1995年12月10日 5回中山4日11R 朝日杯3歳ステークス フィールドプリンス 12頭 12 12着
GI初出走
重賞初勝利 2004年1月10日 1回中山2日10R 中山大障害 ブランディス 13頭 3 1着
GI初勝利

主な管理馬編集

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

脚注編集

関連項目編集