藤原道明
時代 平安時代前期-中期
生誕 斉衡3年(856年
死没 延喜20年6月17日(920年7月5日
別名 藤階(
官位 正三位大納言
主君 宇多天皇醍醐天皇
氏族 藤原南家貞嗣
父母 父:藤原保蔭、母:橘良基
兄弟 道明道快道微橘良殖
橘房上女、丹治比蔭光女、藤原常作女、他
尹衡尹文尹甫慶円尹忠尹風尹瞻尹生藤原元方室、源英明室、藤原安親室、源国基室、藤原文貞室、藤原安于
テンプレートを表示

藤原 道明(ふじわら の みちあき、斉衡3年(856年[1] - 延喜20年6月17日920年7月5日))は、平安時代前期から中期にかけての公卿藤原南家相模介藤原保蔭の長男。官位正三位大納言

経歴編集

宇多朝寛平2年(890年文章生に補せられ、のち越前少掾や春宮・敦仁親王の春宮蔵人を務める。

寛平9年(897年)敦仁親王の即位醍醐天皇)に伴って従五位下叙爵し、翌寛平10年(898年相模介に任ぜられる。延喜3年(903年播磨介を経て、翌延喜4年(904年)従五位上・権左少弁、延喜6年(906年正五位下・左少弁次いで右中弁、延喜8年(908年従四位下・左中弁次いで右大弁と弁官を務める一方で急速に昇進し、延喜9年(909年参議に任ぜられ公卿に列した。

その後も延喜10年(910年)従四位上・左大弁、延喜11年(911年)上位者5名を越えて従三位権中納言、延喜13年(913年)中納言兼右近衛大将、延喜14年(914年大納言、延喜17年(917年正三位と引き続き昇進を重ねた。延喜18年(918年)には先任の大納言・源昇薨去により、藤原北家嫡流である右大臣藤原忠平に次いで、太政官の次席の地位にまで昇った。

醍醐朝では『延喜式』の編集に参画。延喜17年(917年)には伯父の橘澄清とともに山城国深草(現在の京都市伏見区深草直違橋)に道澄寺を創建。現在も当時の梵鐘栄山寺に現存しており国宝に指定されている。

延喜19年(919年病気を理由に右近衛大将を辞任。翌延喜20年(920年)6月17日薨去享年65。最終官位は正三位大納言兼民部卿

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈』による。『日本紀略』による享年68から逆算した場合、仁寿3年(853年)生まれとなる。
  2. ^ 慶円については、他に尹文の子とする説、あるいは尾張守藤原連実の子とする説などがある。
  3. ^ 名は常賴とも表記される。

参考文献編集

軍職
先代:
藤原忠平
右近衛大将
914 - 919
次代:
藤原定方